ライフ

ユニクロ話題の新作「オーバーサイズベスト」が夏にも重宝するワケ

 ファッションYoutuberのまとめです。普段はアパレル会社を経営するかたわら、ユーチューブやSNSなどを通じて、ファッションに関する役立つ情報を発信しています。 まとめ 今回は1000円台で買えるトレンドアイテム、ユニクロの新作「オーバーサイズベスト」クルーネック、Vネックの2種類を購入してきたので紹介します。  今年は梅雨が長引いたこともあり、気温が安定せずにコーディネートに苦労した方も多いはず。一枚だとひんやりするタイミングもあるものの、重ね着をするには暑い……。今回、紹介するベストはそんな微妙な気候の日に持ってこいのアイテムです。  このベスト、うまく使うと夏服の延命策にもなりますし、トレンドライクなコーディネートもできるようになるので、ぜひご覧ください。  今回、紹介するアイテムはこちらの2種類です。 ・オーバーサイズクルーネックベストオーバーサイズVネックベスト

手軽にトレンド感を加えることができる万能ニット

 まず、紹介するのはオーバーサイズクルーネックベストです。
オーバーサイズクルーネックベスト

オーバーサイズクルーネックベスト

 実はユニクロ、このようなニットベストを春物としても以前も発売していましたが、これまでのベストはニットの編み目が細かい物でした。  ニットの編み目はハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージと3種類に分類でき、その編み目が細かければ細かいほどツヤが出て大人っぽくなります。以前のニットベストは、編み目の細かなハイゲージだったので上品で大人っぽいアイテムでしたが、今回はアプローチが変わり、ざっくりと編まれたミドルゲージで表情のあるニットベストになっています。  いわゆる「あぜ編み」という編み方で、無地単色であっても編み目により表情が出るので地味な印象にならないのが特徴です。
オーバーサイズクルーネックベスト

無地単色ではあるものの、編み方や素材感がアクセントとなっている

 デザインを見ていくと、極めてシンプル。細かいところではボディと裾リブとの色の切り替えを目立ちにくくし、余計なものがない印象になっています。  シルエットはかなり大きめのオーバーサイズシルエット。オーバーサイズを生かすため、裾リブが緩めに作られている点もポイントです。ニットやスウェットには裾リブがついているものが多く、通常リブがあると裾が絞られるので、お腹部分がぽっこりと出てしまう経験がある人も多いでしょう。  リブがキツいことで動くたびに裾がずり上がり、お腹部分に生地が溜まることによってシルエットが崩れ、体型まで崩れているように見えてしまうのです。一方、こちらのアイテムはリブが緩めなのでそんなことがなく、裾がストンときれいに落ち、オーバーサイズ感が強調されるシルエットになっています。
オーバーサイズクルーネックベスト

緩めにデザインされた裾リブが特徴

 素材はコットン60%にアクリル40%の混紡素材を使用。化学繊維が使用されていますが、見た目にチープ感はなく自然な風合いです。肌触りも柔らかく、ニット特有のチクチク感もないのでストレスフリーで快適に着用できます。  ツヤ感はありませんが、編み地により表情があるので華やかさがトレンド性が簡単にプラスされ、地味なコーディネートから脱却できるのでオススメです。  コーディネートにおける印象を変えるポイントはトップス。今まで持っていた長袖シャツなどシンプルなアイテムにレイヤードすることで、コーディネートの印象が激変するので、気分を変えたいときや季節の変わり目などに重宝します。  シンプルなアイテムの印象を変えて少しトレンド性を取り入れてみたい方にオススメです。
次のページ
オーバーサイズVネックベストの魅力は?
1
2
ほかのユニクロで買えるアイテムも気になる方は僕のブログ「AnderMag」、もしくはYouTube「まとめチャンネル」 をご覧ください!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事