スポーツ

大相撲・やらかし力士番付。阿炎の会食は序の口…過去には拳銃密輸の横綱も

 元大関・照ノ富士の優勝で幕を閉じた大相撲7月場所。新型コロナウイルスの影響による苦境を乗り越え、観客を入れての開催になんとかたどり着いた同場所だが、幕内力士の阿炎(あび)が接待を伴う飲食店で会食をしていたことが発覚。強制休場となった。  実はこの阿炎、相撲ファンの間では「やらかし」の常連としてもお馴染みになってしまっている。今回は、過去にもいた「やらかし力士」を番付形式で紹介していく。

チャラい?現代っぽさ溢れる阿炎のやらかし

 場所中と場所前に知人と会食(キャバクラだとも言われている)に出かけた阿炎。なんとか本場所開催にこぎつけ、感染対策に尽力している関係者の顔を踏みにじるような行動で、発覚直後に休場させられることとなった。  しかし、阿炎のやらかしはこれが初犯ではない。昨年11月、自身のインスタグラムに不適切動画を投稿。これが発端となって、相撲協会は力士のSNSを全面的に禁止し、今年2月にはSNS研修会を開催。  しかしその席で阿炎は爆睡し、研修会後には報道陣に対し「寝てたし、何も聞いてねーし」と吹聴して厳重注意をうけている。とはいえ、やらかし番付があるならば、この程度は「小結」といったところだろうか。

朝青龍はやらかしも派手

 相撲ファンでない人にも、お騒がせ力士として記憶に新しいのは朝青龍であろう。2007年、朝青龍は骨折など複数の怪我を理由に夏巡業を休んだのだが、巡業期間中にモンゴルで開催されたイベントで元気にサッカーをしていたことが判明。ピッチを駆け回り、卓越した身体能力を見せつけるように、華麗なシュートまで決める映像まで出てきて「ズル休み」がバレてしまう結果になった。  これを受けて相撲協会から下された処分により、横綱として初めて出場停止になるという不名誉な歴史を残す。さらに朝青龍は、2010年に一般人である飲食店のオーナーに鼻骨骨折を負わせるほどの暴行をくわえ、これが原因で引退に追い込まれる。なお、この被害男性が関東連合の元リーダーだった川奈毅だったともいわれている。  朝青龍は当時29歳の全盛期で、相撲ファンの筆者は膝から崩れ落ちるほどショックを受けたが、今振り返るとかなりのやらかし度なので「関脇」としておこう。
次のページ
やらかし力士番付・横綱は「拳銃密輸」?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事