ライフ

ド底辺キャバ嬢が大阪の街中でチェアリング…ならぬ「ゴザリング」してみた

若者がたむろする公園で……

ミナミ・三角公園

ミナミ・三角公園

 すっかり暗くなったので、お次は心斎橋に移動。三角公園(御津公園)は、言わずとしれたミナミの有名スポットだ。公園のベンチには沢山の若者がたむろしているので、ここで酒を飲むのはあまり浮かないだろう。
ゴザリング

ワインを飲む世捨て人状態……

 だが、ゴザを敷くことであっという間に世捨て人に。  しかし、若者は各々の話に夢中なのでそこまで気にしていなそう。周辺にはたくさんの古着屋があり、ご機嫌なヒップホップを流しているので、1人で飲んでいても退屈しない。なんだか、町田の駅前にたむろしていた学生時代を思い出す。

「ゴザリング」の醍醐味は人間観察だ!

ゴザリング

人間観察するとなお楽しい

 三角公園にはミナミの縮図が詰まっていて面白い。電話を切った後に「クソが!」とグチをこぼすビジネスマン。ベンチに座って死んだように動かない某フードデリバリーサービスの配達員。たむろしているサラリーマンに「安くしますから~」と声をかける飲食店(?)の客引き、石段をジャンプして遊ぶ若者。人間観察できるのが都会チェアリング(ゴザリング)の醍醐味なのかも。今回はツマミをたくさん食べてしまったが、次はたこ焼きでも食べながらやりたい。  筆者は東京出身なのだが、もしゴザリングを都内でやれと言われたらおそらく無理。大阪という知り合いの少ない土地だからこそ成せる技。よって、チェアリングならぬゴザリングに挑戦するときは、地元以外の土地でやることをオススメする。  今回は大阪梅田とミナミの2箇所でゴザリングしたが、なかなか楽しかった。次はさらに自然を楽しむべく河川敷とかでやってみたい。分かったことは、人間観察を楽しむということ、ツマミを用意するときはウェットティッシュ必須。あと、トイレの場所は確保しておいたほうが良いだろう。気になった方は挑戦してみてはいかが?<取材・文/カワノアユミ>東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白