デジタル

女湯に名産品!? 長寿ゲーム『桃鉄』の新作が登場、オンライン対戦もできる

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

●桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番~ Nintendo Switch/コナミデジタルエンタテインメント/11月19日発売/6300円(+税)  11月19日に家庭用ゲーム機では4年ぶりとなる『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番~』が発売されます。今回はオンライン対戦が実装され、年末年始の休みにはもってこい。過去に、友だちと徹夜で『桃鉄』にハマって友情を深めた(もしくは壊したw)という人も多いのではないでしょうか。  もともと初代『桃太郎電鉄』は、1988年にファミコンで発売されました。ヒットRPG『桃太郎伝説』のスピンオフで注目度も高く、しかもみんなで遊べるスゴロク系ボードゲームとあって人気を集めました。
桃太郎電鉄

『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番~』公式サイト

 初代は、目的地も各プレイヤーごとにバラバラで、借金を背負うなど足を引っ張る貧乏神もいませんでしたが、サイコロを振って鉄道で日本全国を巡るというゲーム性はすでに完成していました。  社会の教科書ではなく、滋賀県の「まいばら(米原)」や北海道の「えりも(襟裳)」など、全国の都市を『桃鉄』で覚えたというファミっ子は数知れず。「下関ってフグ料理が名物なんだ」「秋田のしょっつるなべってなんだろう?」と、私も各地の名産品に興味を持ったのを覚えています。この知識は今でも旅行に役立っていますね(笑)。女湯の一枚絵を出す裏技のために全国の温泉をコンプリートした、そんな思い出も「桃鉄あるある」でしょう。
次のページ
新作は豪華制作陣でパワーアップ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事