恋愛・結婚

「結婚したいのにできない男」の言動。進展しないのには致命的な原因がある

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

40歳を前に焦りを感じるアラフォー男性

山本早織

山本早織

 今回はアラフォー男性の皆さんには耳の痛いお話です。「結婚したい」と願う女性からも見放され、さらには頼みの綱でもある結婚相談所の仲人からも見放されるアラフォー婚活男性の特徴をお伝えします。  35歳を過ぎると、独身男性の多くは離婚経験もないことに一抹の不安を抱え始めます。一度も結婚できていないという事実に、人間的に何かあるのではと思われる可能性があるということを感じ始めるからです。  そのため、婚活アプリや婚活パーティ、結婚相談所も総じて30代男性がターゲット層になっています。もちろん婚活アプリの場合、そのアプリによっても目的が変わるため、利用しているメイン層は変わりますが……。  やはり、どの出会いのツールを見ても30代前半男性はまだまだ女性から求められている市場価値の高い存在になるのですが、40歳に近づくにつれ、婚活は厳しさを増します。

29歳美人と出会えたものの…

婚活 ツトムさん(仮名・38歳)はマッチングアプリと結婚相談所をどちらも併用しながら婚活を進める男性。  もともと恋愛経験は豊富でしたが、付き合ったとしても1年以内で交際が終了してしまい、結婚まで至ることなく気がついたらアラフォーに。このままではマズいと感じ、「本気で婚活をしよう」とご入会になりました。  仕事もしっかりとされていて、コミュニケーション能力もある彼を見て、きっとすぐに結婚相手を見つけて卒業されるんだろうなと思っていました。入会後は本当にたくさんの出会いがあり、マッチングアプリと結婚相談所での出会いでかなり忙しい様子でした。  あるとき、いいなと思うとても美人な29歳の女性と出会い、進展しそうになったのです。しかし、今一歩進展できずに失恋。同じような経験を2度ほど繰り返したのち、彼が結婚に至らない理由がわかってきました。
次のページ
恋愛経験豊富な男が陥りがちな落とし穴
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事