エンタメ

渡部建「笑ってはいけない」復帰計画どうなる?記者会見したくても

文/椎名基樹

どうなる? 渡部建の「笑ってはいけない」復帰計画

「アンジャッシュ 渡部建のわたべ歩き」

公式ブログ「アンジャッシュ 渡部建のわたべ歩き」より

 今年6月の「多目的トイレ不倫」で無期限活動自粛中の渡部建が、大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!」(日本テレビ系)でテレビ出演に復帰することが報じられた。  同番組には、2017年に「アパ不倫」の袴田吉彦が、19年に「4WD不倫」の原田龍二が、それぞれ出演をして、それを機に仕事復帰を果たしている。さながら不倫の禊の場としても機能する「多目的番組」である。  渡部建の復帰計画は、芸能界に波紋を広げた。様々なタレントのコメントが、次々とネットニュースに上がった。  11月20日の「グッとラック!」(TBS系)に出演したYouTuber芸人のフワちゃんは意見を求められ、困惑。復帰後に「現場で会う可能性もあるから要らんことも言えないし」と戸惑いつつ、口が重たげ。だが最後は意を決したように「忖度(そんたく)しよっかな……やっぱしない。多目的トイレはさすがにキモかったよ」とカメラ目線で言い切った。  さすがテレビの売れっ子と人気配信主をクロスオーバーする唯一のYouTuber・フワちゃん、絶妙のバランス感覚である。「心の声」を自ら音声化して弁明を入れつつ、最後は世間の代弁に着地。「迷惑系YouTuber」の対極の「察し系YouTuber」と命名したい。

ナイナイみたいな「公開説教」はやめてほしい

 田村淳は、YouTube「ロンブーチャンネル」で持論を展開。「すっげえ大ばくちだなと思った!」、「みんながどういうふうに受け止めるのかな?」と、渡部の手法を疑問視。もし自身がスキャンダルを起こした場合、世間に対して何の説明もしないまま「笑ってはいけない」に臨む勇気はないと、記者会見の必要性を強調。最後に「宣伝効果だけでいいのか? 渡部くん!」と付け加えた。 「宣伝効果」を目論んだのは番組側で、渡部建は関係ないと思うけれど……。暗に番組批判をしておきながら、最後は渡部建に押し付けて、なんかずるい。  陣内智則は、渡部の相方である児嶋一哉のYouTubeチャンネルで『陣内さんが復帰の仕方について考えてくれたぞ。』と題された動画にゲスト出演。自らの浮気が原因で藤原紀香と離婚したことで、テレビ出演が激減した経験を踏まえて、「まずはもう記者会見。絶対に。叩かれて、ボロカス叩かれて、2次、3次災害ってあるかもしれん。それをやったうえで、ここ(児嶋のYouTube)にきて謝る。で、児嶋が怒る」と語った。  極楽とんぼ、ナインティナインと同じく、相方による「私刑」を見せて世間の許しを乞う手法は、もうやめるべきだ。見ているこちらもツライ。  2人とも記者会見の必要性を強調する。しかし、ただの不倫ならともかく「多目的トイレの不貞」でそれを行うのは、芸能生活に自らトドメを刺しかねないのではないか。多目的トイレで行為に及んだこと、その後女性に1万円払ったことを認めるだけでも「渡部アウト」になる可能性がある。  さらに「なぜそんなことをしたのか?」と尋ねられたら答えようがない。自らのサディスティックな裏の顔を認めるしかない。渡部建の問題は、不倫もさることながら、フワちゃんの言う通り「キモい」ことなのだ。  渡部建は、記者会見をしたくてもできず、サプライズ出演でどさくさに紛れて復帰するしかないから「大博打」を打たざるを得なかったのではないか。
次のページ
番組側は放送しないわけにはいかない
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事