エンタメ

<純烈物語>本気のムード歌謡グループによる本気の戦隊ヒーロー映画の狂想曲が始まった<第85回>

純烈ジャー

<第85回>特撮への恩返しは綺麗事ではなく野望『純烈ジャー』にこめられた本気の根源

 7ヵ月ぶりに訪れた東京お台場 大江戸温泉物語は、あの日と同じように静寂へと包まれていた。昨年の緊急事態宣言を受け休館し、7月17日より営業を再開したものの今年に入り再び1月19日から3月7日までの営業自粛に入っている。  入り口の掲示板には「温泉ライブ再開を願って、、、純烈メンバーより魂のサインを頂きました!!」と、4人の写真が入った色紙が貼られていた。言うまでもなく、現時点でここ聖地における有観客のコンサートは1年前の2月10日を最後におこなわれていない。
ooedo

大江戸温泉物語の入り口に貼られていたサイン色紙

 前に進みつつもまた立ち止まり、それでも足を踏み出そうとする――それは、純烈だけでなくコロナと戦う人々が向き合っていることである。6・23無観客ライブの時と同様、無人の館内をひたひたと歩き大広間の中村座へいくと、何人ものスタッフがせわしく動き、それを普段着姿の酒井一圭が遠巻きに見つめていた。  2月1日。この日、13時より純烈主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』(今秋全国ロードショー公開)の発表会見がおこなわれる。当然、すべての情報解禁はそれをもって……となる。  ところが、誰よりも早くフライングしたのが酒井本人。12時11分の時点で「映画『スーパー銭湯 純烈ジャー』制作発表会見生中継」をClubhouseでおこなうとツイート。なんの“予備動作”もなかった中でいきなりそんな情報を流された日本中の純子&烈男が色めき立った。

情報解禁を待てないリーダー・酒井

 実は11月5日の配信ライブでも、囲み会見において酒井は髪の色が変わっていることを聞かれ「来年は純烈ちょっと、映画を……そのための役作りでこの髪の色にしていて」と口走っていた。すかさず山本浩光マネジャーがセキ払いし笑いに転化したのだが、空気を読んだのかどこにも活字化されなかった。  そこが純烈とメディアにおける阿吽の呼吸となるのだろう。そんな獅子身中の虫ならぬ身中のリーダーがいる中で、よくぞ事前に漏れなかったと思う。だからこそ会見中の時点で速報として流され、さらにその後の堰を切ったかのような怒濤のニュースラッシュに対する世間の反応は“沸き返っている”という言い回しがピッタリするほどにすさまじかった。  後上翔太を除く酒井、白川裕二郎、小田井涼平の3人は戦隊ヒーロー出身で、タイトルも「純烈ジャー」という、ベタなのにもほどがあるこの企画だが、ベタだからこそあらゆる層に突き刺さる。純烈のファンにはもちろん、特撮&映画方面におけるリアクションが相乗効果となり、それ以外も「なんだなんだ!?」となった。
次のページ
大江戸温泉物語に80名のメディアが集結
1
2
【特報!】『純烈物語20-21』2021年3月9日(火)発売決定!
2019年12月発刊『白と黒とハッピー~純烈物語』に続き、当連載が書籍化されます。コロナ禍に見舞われた中、純烈はどうやって2020年を止まることなく乗り越えてきたのか。離れていてもファンとともに現実と戦い続けた酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太の姿が500ページ以上にも及ぶ克明なノンフィクションとして描かれています。現在、鋭意製作中です。ご予約等は https://www.amazon.co.jp/dp/459408768X
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事