エンタメ

<純烈物語>応援してくれてきた人たちとともに死なない選択をする。リーダー酒井が表した「みんなを守る」覚悟<第83回>

純烈_相模大野<第83回>やってもやらなくても生じるリスク。酒井が口にした「みんなを守る」覚悟

ステージ上で「凄十」を飲み干し熱唱

 有観客再開ライブは、2月3日にリリースされる新曲『君がそばにいるから』のお披露目の場でもあった。まずは中盤、カップリング曲である『僕に残された時間はどのぐらいあるだろう』を、酒井一圭がソロで歌った。  この曲は酒井自身が作詞。「コロナの中で奥さんや子どもを見ていて何ができるか、純烈としてどれだけステージができるかを3月、4月と考えていて、そういうところから詞が出てきた」のだという。  直前にステージ上で強壮剤の「凄十」を飲んでの出陣。これは、同商品のCMに出演する「百獣戦隊ガオレンジャー」時代の盟友・金子昇から送られてきたものだった。
純烈_相模大野1

ステージ上で「凄十」を飲み干す酒井

 白川裕二郎が新聞広告で金子の姿を発見し「凄十って効くのかな」と興味を抱き、それを酒井がツイートすると後日、事務所へ届いた。その効果は絶大で、衣装のズボンがずり落ちてきそうになりながらも朗々と歌いあげることができた。 「笑いが止まらんかったわ。イントロが聴こえてきてこの人、この唄を歌う前に凄十を飲んでおったんやなと思うと」  本人はいい調子で歌えたとしたり顏なのに、すかさず小田井涼平がツッコミを入れる。確かに、凄十を飲んだ数分後にステージ上でパフォーマンスしたのはたぶん酒井が史上初。 「70歳になった俺の唄。俺は奥さんの方が先に死ぬ説を持っているんだけど、ひとり薪をくべながら淹れたてのコーヒーを飲んで昔のことを思い出し、さみしいな……ありがとうをちゃんと言う前に逝ってもうたって、なっているんよ。ほんで2番からは俺に痴呆が入る。うろ覚えで頭がさびてくる。でも、そこまで生きられたらええねんっていう気持ちをね」  CDを購入された方は、このような裏設定を頭に入れて聴くとまた違った味わいがあるはず。そして『君がそばにいるから』はコンサートのフィナーレにラインナップされていた。

振り付けの完成していない曲をあえて歌う

 この時点で振付は完成しておらず「麺なしのラーメンのようで申し訳ない」(酒井)とのことだったが、見方を変えればレアケース。4人がめいめいにリズムを取り、ノリに任せて体を動かしながらのバージョンが見られるのは数ステージ限定だ。  この日、純烈は昼夜2部合わせてのべ30曲歌った。コロナ禍前はそれが日常だったが、まとまった曲数をこなすのは6月の東京お台場 大江戸温泉物語と7月の箕面温泉スパーガーデン、11月のLINE CUBE SHIBUYAの3度しかやっていない。  ギアを入れすぎたら肉体的に影響を及ぼすのがわかっていたから、酒井は新根室プロレスのスローガンよろしく無理をせず、ケガを避け、明日の浜松公演にたどりつけるよう心がけた。だが、ラストナンバーの一つ前『言葉足らずのメロディ』でノドが飛んだ。 「変わらぬ風景がそこにあったことで、ちょっとでも曲や歌詞に心を寄せすぎるとエモくなって涙が出てくる危ないステージだったんですよ。体は泣きたいと言っている状態。その中で、最後ぐらいは心をこめてグッといくかと思ったらノドが……。  心技体が噛み合っていないんだろうね。リキんだり、おしゃべりしすぎていたり。パンクしたら終わりだから、これはゆっくり慣らしながらやらせてもらうしかないなと。まずは自分たちのパフォーマンスを元に戻すこと」  確かに、この日は昼も夜もMCが長かった。話が面白いからいつまでも聞いていられるしそのぶん、オーディエンスの満足度も高くなるのだが、コンサートには尺というものがある。  夜の部では、しゃべりまくる酒井にとうとう巻きが入った。こういう時、まとめに入るのは後上翔太の役どころ。にもかかわらず、リーダーは「トークを終わらせようとしやがって」と毒づく。  そこはエンターテインメントとして昇華させるのだが、自身もなんとなく違うグルーヴ感が引っかかったようだ。とはいうものの、人前で話すことを生業とする立場からすればその気持ちはわかる。  やはり嬉しいのだ。目の前に聞き手がいて、声は出せずとも表情に反応があって、ましてや喜んでもらえているなら永遠に話したくなる。  おそらく酒井は“MCハイ”になっていたのだと見られる。288日間も多人数のファンを相手に会話していなかったものだから、一つひとつの返りがたまらない。
次のページ
紅白に出られなかったらどうしよう
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事