エンタメ

元SKE48・大矢真那が語る理想のアイドル像

元SKE48の大矢真那が、アイドルグループをプロデュースする。SKE48では1期生として、後輩メンバーのことを、多くは語らず後ろから援護する形で見守ってきた大矢真那。自身もアイドルのことが大好きでSKE48のオーディションを受けたという彼女が目指す、アイドルグループとは。そしてどんなプロデュースをするのか。ライブ配信アプリ「ミクチャ」によるエントリーを締め切った翌日に、プロデューサー・大矢真那の生の声を聞いてみた。

誰もが憧れる、キラキラの王道アイドルグループを作りたい。

――アイドル大好きの真那さんが、ついに自身でアイドルを全面プロデュースするんですね! ところで今日はそんな大事業に挑む真那さんを応援に来たというより、心配で来たんですが…。真那さん、基本的な質問ですけど、プロデューサーって何をする人か知ってます? 大矢:秋元康先生とか、指原さんのような方がしていることをする人です ――いきなり漠然としたイメージ! それはどんなことをするんですか? 大矢:プロデュースです。統括…というか、アイドルを目指してきたコたちが、いいアイドルになるようにサポートする役目です

なぜアイドルのプロデュースを?

――なんとなくどんどん漠然としてきている気が……。それでは今回、なぜアイドルのプロデュースをすることになったのか教えてください。 大矢:元々、私は小学校低学年の頃からアイドルのことが大好きで、キラキラのアイドルになるのが夢で、17歳のときにSKE48のオーディションを受けました。そしてSKE48時代も、“こういうアイドルになりたい。なるためにはどうしたらいいだろう”って、いろいろ考えながらセルフプロデュースをしていたんですよ。だから“アイドル”というもののビジョンがはっきり自分の頭の中に常にありました。そのビジョンに対して真面目に取り組んできた自信があったので、今度はそれを形にしてみたいなという気持ちから、アイドルプロデュースをする決意が生まれました。またSKE48時代、どんなに心が折れそうになったときでも、ファンの方からの応援があったから頑張れたし、そこで頑張ることが本当に幸せだったんです。だから、アイドルを目指す女のコたちに、同じような幸せを実感してもらいたいなと思ったんです
次のページ
目指すは王道の“The・アイドル”
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事