お金

50万円から購入できる軽井沢の格安別荘は“買い”なのか

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  私は幼少期から、毎年軽井沢の別荘に行っていたのですが、軽井沢が好きで、20代の頃は軽井沢で働いてしまったほど。ですから、ユーザー目線でも、業者目線でも、ある程度軽井沢の別荘事情には詳しい方だといえるのですが、そんな私が今回お伝えしたいのは、軽井沢の格安別荘についてです。

土地、建物込みで低価格のワケ

軽井沢 50万円物件

軽井沢 50万円で売られている物件

 別荘というと、「高い」というイメージがあり、特に軽井沢のような有名リゾート地となると、そういった印象はよりあるといえます。  しかし、実は軽井沢には、かなり安価な価格帯で売りに出されている別荘があるのです。しかも最近では、その値段は50万円ぐらいからあるという状況。もちろん、これは「建物と土地」の値段であります。  別荘に限らず、家というと中古でも数千万円はするというイメージがありますが、なぜ、このような格安物件が軽井沢に存在しているのでしょう。こういった格安別荘は、人気が低下したリゾート地にあるという印象です。  例えば、軽井沢といっても、長野県北佐久郡軽井沢町ではなく、「北軽井沢」と呼ばれる群馬県嬬恋村であるとか、御代田町の「西軽井沢」などと思われるかもしれません。  余談ですが、三島由紀夫の小説で、泣いている女性に「北軽井沢の別荘での思い出があるじゃないですか」と励ました男性が、「旧軽井沢です」と反証されるシーンがあったかと思います。旧軽井沢でないにしても、長野県の軽井沢町ということはそれなりに価値が高いといえます。  そして、そういった軽井沢町の中に、なんと50万円といった格安物件が存在するのです。

格安物件があるエリア

 軽井沢町の中の軽井沢という前提で、軽井沢のエリアを説明すると以下のようになります。 ・旧軽井沢 東京でいうなら、松濤や赤坂といった格式ある一等地といったところ ・中軽井沢周辺 特に南が丘・南原エリアは東京でいうなら、成城といった感じ ・千ヶ滝エリア 堤康次郎が開発した巨大別荘地 傾斜地が多い ・南軽井沢エリア 傾斜地が多い 大規模保養所の中古物件など、思わぬお宝も  いずれも、平地の値段が高く、傾斜地が安価という傾向があります。ちなみにこれは、タワーマンションとは逆だといえます。タワーマンションの場合、眺めが良い最上階が最も高価で人気という傾向ですが、軽井沢の場合は、眺めの良い山頂エリアよりも、何も見えない平地のほうが人気であるのです。  ですから、格安物件があるのは、当然傾斜地エリアとなります。
次のページ
格安物件の特徴とは
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事