お金

ヒカキンの総額1億円腕時計の残価率を算出。全面ダイヤの4000万円ノーチラスetc.

合計査定額8539万円は安い? 高い?

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  大人気ユーチューバーのヒカキンさんが、先日「1億円以上の買い物をする」という動画を公開しました。  その動画では、本来「今持っている腕時計を査定したらいくらになるか」ということがメインだったはずらしいのですが、査定した後に結局1億円以上の買い物をしてしまい、そちらが本編となってしまっている様子です。  今回1億円以上の買い物をしたヒカキンさんですが、実はこれまでに購入した腕時計の総額をみても1億円近いといえます。なお、動画では、ヒカキンさんが今持っている腕時計全部の合計査定額が8539万円とのことでしたが、この数字を見た私は「良い買い物」と思ったのです。  なぜなら、この8539万円という買取額、購入額に対して、かなり良い残価率となっているからです。  ヒカキンさんは、動画内で各腕時計の購入額に触れていましたが、詳細な数字を覚えているモノもあれば、ざっくりとした購入額を説明している場面もありました。ざっくりとした購入額のモノは、私が「いくらぐらいで買っただろう」という推測のもと、彼の今までの購入額を算出。すると、9609万3000円という数値がはじき出されたのです。  今回の査定額である8539万円を推定購入額の9609.3万円で割ると、その答えは、88%となります。  つまり、ヒカキンさんは、これまで1億円近いお金を出して腕時計を買ったものの、その88%が残価として残っている状態。実際、動画内ですべて売るという決断をしたならば、その場で8539万円という現金にできたわけです。もしも、これが腕時計以外だったならば、このような結果とはならないでしょう。  ということで、今回は、ヒカキンさんがこれまで購入した高級腕時計を残価率を中心に解説してみたいと思います。

ロレックス デイトナ 116520 黒文字盤

購入額:150万円⇒査定額:243万円 残価率:162% デイトナ116520黒文字盤 ヒカキンさんは、それ以前にも腕時計を購入したことがあるようですが、高級ブランドに分類される腕時計として、初めて買ったのがこのデイトナ116520とのこと。  この腕時計の購入額だけ、はっきり「150万円で購入」と詳細な数値を覚えていたようですが、購入した時期は、2013年か2014年とのことでした。  ステンレスのデイトナは、「腕時計の王様」といわれ、20年ぐらい前からいつの時代でも人気No1という存在で、定価では購入できないような人気商品です。ヒカキンさんが購入した当時、この116520は現行モデルだったわけで、まさに当時の人気No1。初めての高級腕時計として、この選択をするというのは、まさに「成功した人の夢の実現」。夢がある買い方だと思います。  なお、ヒカキンさん自身も動画内で言及していましたが、2013年頃において、このデイトナは、最安値で買おうと思ったら120万円台だったとのこと。ちなみに、2010年代における116520の定価は124万2000円とされているため、プレミアム価格で買ったということになります。  しかし、そんなヒカキンさんのデイトナ116520黒文字盤の査定額は、今ではなんと243万円。ですから、残価率は162%ということになります。
次のページ
700万円台のデイトナの残価率は?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事