エンタメ

元TBSアナ・宇垣美里。今の働き方が「自分に合っている」と語るワケ

今の働き方が「自分に合っている」

 TBSを退社して約2年半。現在はモデルやラジオパーソナリティに、SPA!でも連載を執筆するなど活動の幅を広げる宇垣美里は今の働き方が「自分に合っている」と語る。 宇垣美里「雑誌などの撮影のお仕事も楽しいし、ラジオはほっとする家族のような場所。そして、書く仕事は自分の手で作り上げる達成感がある。居心地のいい場所がたくさんあって、多様な表現ができるのはありがたいですね」  独自のポジションを築く彼女。特に競争意識はないという。 「仕事について、自分で特に決めていることはほとんどなくて。他の方が向いていると言ってくれた仕事を大事にしています。よほど自分の思想に反しない限りはなんでも引き受けたいです」

柔軟でありながら、確かな芯の強さ

 現在、ドラマ『彼女はキレイだった』に出演中の彼女。女優業という新しい挑戦にも積極的だ。 「役者さんのお芝居を間近で見られるのはとても勉強になりますし、毎回の撮影が新鮮です。同世代の方と長く同じ現場で過ごす機会が今まであまりなかったので、すごく刺激を受けて楽しいです」  柔軟でありながら、確かな芯の強さ。さまざまな顔を持つ女性は、とても魅力的だ。 宇垣美里【宇垣美里】 ’91年、兵庫県生まれ。2014年にTBSに入社し、アナウンサーとして数々の人気番組に出演。’19年3月にTBSを退社し、現在はテレビ、ラジオ、雑誌、CM出演のほか、執筆活動など幅広く活躍している。現在放送中のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『彼女はキレイだった』で、主人公が働く雑誌編集部員役で本格女優デビューを果たした 取材・文/森野広明 撮影/唐木貴央 スタイリング/小川未久 ヘアメイク/山下智子 衣装協力/ジュエッテ ※週刊SPA!9月7日発売号より
週刊SPA!9/14号(9/7発売)

表紙の人/ 宇垣美里

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事