エンタメ

宇垣美里は「キスして」と迫る!女子アナたちの艶っぽいセキララ発言集

「正直抱かれてもいいと思いました」……これは、8月30日のニッポン放送『大橋未歩 金曜ブラボー』というラジオ番組内で、メインを務めているフリーアナウンサー・大橋未歩が発言したものだ。
大橋未歩

画像は、大橋未歩のブログより

 この日のゲストは、『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも共演しているふかわりょう。トークの流れで、普段は言えないふかわのいいところを語ることになった際、周囲の表情を伺いながら話す大橋に対して、ふかわは「不安なんですか」と切り込んだ。  ふかわは続けて、誰かに叱られないように、周りの様子を見ながら言葉を発する大橋の姿をよく見かけるが、「その世界から助けてあげたい」、「それができなくて悔しいとすら感じている」と真面目なトーンで語った。これを聞いた大橋は涙したようで、声を震わせる一幕もあった。  ふかわのこうした真摯なトークを受けて、冒頭の驚きの発言が飛び出したというわけだ。しかし、過去を振り返ってみれば、清楚なイメージを持たれがちな女子アナが、“夜の情事”についての言葉を発することも少なくない。そこで今回は、女子アナたちが残した艶(なま)めかしいコメントをまとめてご紹介しよう。

神田愛花:日村の上に乗っかって……

 昨年4月にバナナマン・日村勇紀と結婚した神田愛花が、その夫婦仲を赤裸々に暴露したのは、3月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でのこと。  その日の放送では、夫を持つ女性タレントたちが集まり、仲睦まじい結婚生活についてトーク。出演者の一人であった神田が語ったところによれば、日村は恥ずかしがり屋だそうで、夫婦になってもキスを嫌がるのだそう。  そこで神田は、日村が気を抜いているときに「乗っかってやる感じ」、「じゃないとできない」と、強引にキスを迫っていることを明かしたのだ。MCを務めるダウンタウン・松本人志が「スター・ウォーズのバケモノみたい」と神田にツッコミを入れるなど、この事実には、共演者たちも驚きを隠せなかったようだ。

田中みな実:性生活について持論を展開

 TOKYO MXで放送されていた『ひるキュン!』で、司会を務めていた田中みな実は、“夜の情事”について、番組内で度々言及していた。  ある日の放送では、トルコ人男性と国際結婚したという女性のエピソードを紹介。女性の体調などを考えず、“夜を求めすぎる”夫に不満を持っているというお悩みに田中は、「ないよりは絶対あったほうがいい」とアドバイスをしたのだ。  女性に対して「断りすぎるのはよくない」とコメントした田中。彼女は過去にも、彼氏との夜の営みが1カ月以上開いたことはなく、疲れているときなどに断った経験もないと、性生活について同番組内で明かしたこともあった。
有吉ジャポン

レギュラー出演中の『有吉ジャポン』できわどい発言をすることも(『有吉ジャポン』公式サイト)

次のページ 
宇垣美里、加藤綾子は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事