お金

“タモリCM効果”で黒字化達成したメルカリ。次に狙う意外な場所とは

メルカリの連結最終損益が初の黒字に

メルカリ

メルカリHP

 9月15日、メルカリの時価総額が初の1兆円に達し、2021年6月期の連結最終損益は初の黒字に浮上しました。一般に、マネタイズが難しいとされるCtoCのビジネスモデルが市民権を得られた1つの成功事例です。  筆者は2019年に「『メルカリは赤字でヤバい』は本当か?」で、早くからメルカリの将来性に言及していました。  当時、メルカリの赤字の理由は「宣伝広告費」と分析していました。つまり、赤字理由は、マーケティング費用だったのです。しかし、宣伝広告費は固定費ではないため、いつでも金額を下げることができます。メルカリは、宣伝広告費を下げればいつでも黒字化できる状態にありました。  ただ、シェアを拡大し「攻めの姿勢」を取っていることから、あえて赤字で突き進んでいたというのが筆者の解説でした。そこから、2年――。メルカリは黒字化を達成しましたが、この黒字はこの先も続くのでしょうか。一時的なものなのでしょうか。  テレビCM出演中のタモリさんも知らないメルカリ黒字化の秘密、いつものように3分の解説で明らかにしていきましょう。

黒字の理由は広告費を抑えたからではなかった

 まずはメルカリの業績から。  2021年6月期の売上高は前期比39%増の1061億円、営業損益は前期の赤字から244億円改善し51億円の黒字を達成しました。コロナ以降、経営環境が悪化することを見越して、採用やマーケティングの費用を抑制し、その結果、年間の広告宣伝費を前期比で25億円も削減しています。  とはいえ、決済資料から読み取れることは、今回の黒字化は単純に「費用を削減した結果だけ」ではないことがわかります。営業損益は改善幅244億円ですが、そのうち218億円が「増収効果」(売上高から売り上げ連動費用を差し引いたもの)だと記載しています。  つまり、広告削減費用25億円を大きく上回る効果が出ているのです。  さらに詳しく見ていきます。メルカリJPの売上高に占める広告宣伝費、人件費の割合がここ4年で84%から60%に低下しています。 メルカリ 一方で、売上高に占める調整後営業率は22%から32%へと上昇しています。つまり、メルカリは営業利益率があがる“なにか”をしていたのです。 メルカリ アプリのMAU(月間アクティブユーザー)を見ると、約600万人増加し、出品者も約600万人増加。コストを抑えながらも、アクティブユーザーを獲得し、利益も出せるようになってきているということです。
次のページ
タモリ効果にたしかな手応え
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事