ニュース

「猛暑×コロナで地獄」医療従事者が語る“第7波”の壮絶現場

 6月後半の記録的な猛暑が落ち着いたと思ったら、7月に入り、今度は新型コロナウイルスの陽性者が急増。東京都の7月18日の新規陽性者数は1万2696人と7日連続で1万人越え。1ヶ月前が東京都が約1600人、全国でも約2万人だったことを考えれば、新たな感染フェーズに入ったことは明らかだ。  実際、医療関係者はもとより、政府、自治体のトップも「第七波に入ったと考えられる」と認め、都が開いたモニタリング会議では、このまま推移すれば、来月前半には東京都だけで1日の新規陽性者数は5万人を超えると警鐘を鳴らしている。

「朝から晩まで電話が鳴りっぱなし」

ナイトドクターC

医師を患者宅まで運ぶドライバーも慢性的な人手不足。「東京から神奈川、埼玉、千葉をグルグル回り、1日に400km以上走ることもザラです」とは若手スタッフのSさん

 再び医療機関の逼迫が危惧される事態となってきたが、医療現場の水際はどうなっているのか。 「ここ1週間、朝から晩まで訪問要請の電話が途切れることがありません。昨日(7月9日)は問い合わせを含め、約2000件の電話、メールがあったのに、実際に訪問できたのは約100件。ほぼすべてがコロナ感染が疑われる患者さんです。  うちのような訪問診療専門の業者に患者さんからの連絡が殺到するということは、裏を返せば、一般の病院がすでにコロナ陽性者や発熱者の診療を制限するなど、逼迫しつつあるということです」

すでにパンク寸前の状態

ナイトドクターA

東京都を中心に、1都3県を飛び回るナイトドクターの医師たち。毎晩、朝方まで自宅での訪問診療に飛び回っている

 こう語るのは、ナイトドクター事務局の代表を務める菊地拓也氏(48)だ。同社は訪問診療専門の民間業者として1都3県に24時間体制で、患者宅に医師と看護師を派遣するサービスを行っているが、ここへ来てすでにパンク寸前の状態だという。 「ほんの1ヶ月前は、コロナ関連の患者さんからの問い合わせがほぼゼロという日もあり、事務局内には『やっとコロナも終息だな』という楽観ムードが漂っていました。6月半ばを過ぎると、猛暑の影響で、コロナよりも熱中症の患者さんが急増しましたが、今月に入って猛暑も落ち着き、やっとコロナや熱中症以外の病気や怪我をした患者さんへの対応が主になった。  それが本来の姿なので、我々も安堵していたのですが、1週間ほど前から突如として電話が鳴りっぱなしの状態になった。コロナ由来のものです。『ああ、また地獄の日々が始まるのか』と思いましたね」
次のページ
激しい咽頭痛と40度近い高熱に注意
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ