お金

全国64店舗のパチンコ店から出禁のパチプロ。怖い人に絡まれるぐらい‟勝ち過ぎた台”を暴露

 パチンコには、格闘技でいうところのパンチとキックのような基本の技がある。それが、無駄な玉の打ち出しを削減する「止め打ち」と、複数の玉を固める「捻り打ち」だ。  たとえば止め打ちにも「タイミング打ち」とか「間引き打ち」といったジャンルがあり、これらを組み合わせると、ハイレベルな「大当り直撃打法」という大技がうまれる。ただし、顔が利かない土地で大技を繰り出すと、地元のパチプロから「おい、ナワバリを荒らすなよ!」と、その地域を追い出されてしまう。そんなことが過去に何度もあった。  そしてなにより、経営者も店を守るのに必死。だから、すぐに飛んでくる。そんなわけで出禁勧告を受けた総数は、いまや全国64店舗にも及んでいる。

約3年に1機種ペースで導入される「ガチプロだけが稼げるマシン」

 攻略効果がズバ抜けて高いマシンは、おそらく3年に1機種くらいのペースで導入されているんじゃないだろうか。たとえば2009年に導入された「CR蒼穹のファフナー」は凄かった。上部に位置する羽根が「パカッ!」と開く瞬間に、タイミングよく打ち出せばそれだけで大当りが狙えた。
パチンコ

雑誌のDVD企画で実演したことがある

 手順が簡単で挑戦する人が多かったから、いまでも酒の席では必ず盛り上がる話だ。でも実のところ、設置されていた期間は4ヶ月くらい。やはり脚光を浴びない難解なマシンのほうが、長期的に使えて稼ぎやすい傾向にある。

平均投資3000円で約8万円相当の出玉が期待できた「タコラッシュ」

 2010年に導入され、個人的にもっとも世話になった「CRタコラッシュミニS2」は、羽根モノ(大当り確率が軽くて出玉が少ないジャンル)のコーナーで扱われることが多かったが、いやいやそれはリス小屋でクマを飼うようなもの
パチンコ

平均投資3000円で2万発ほどの出玉が期待できたタコラッシュ。

 こいつの攻略打ちは、えげつない。左側に位置する始動口に玉が入ると両肩の羽根が「パカッ!」と開くので、この一瞬を「捻り打ち」で狙う。釘の上でバウンドさせた遅い玉と、釘に当てない速い玉、これらを同時に羽根の中へと送り込んでやる。サッカーボールを2つ同時にゴール目掛けて蹴るようなものなので、もはやインチキだ。
次のページ
14連チャンで歩み寄ってきた白シャツの店員
1
2
3
勝SPA!
おすすめ記事