恋愛・結婚

新入社員の男性が先輩女性に誘われてラブホに。1年未満で“退職”するまでの波乱万丈

 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。  筆者はLINE公式サービスにて、年間約1500件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。
家で喧嘩をするカップル

※写真はイメージです。以下同

 さて、昨今なにかと話題の「蛙化現象」。好きだった異性が振り向いてくれたのに、ちょっとした振る舞いがきっかけで、一気に嫌悪感を抱くようになるといった現象のことです。  今回ご紹介する名取史親さん(仮名・23歳)は、新入社員として入社したデザイン事務所で、ある先輩女性に猛烈なアプローチを受けたことから悲劇が始まったといいます。 ※この記事は本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

会社の先輩女性社員から…

カフェ 大学を卒業後、新卒でWEBデザインの会社に入社した史親さん。経営もこなしながら現役デザイナーとしても活躍するプレイングマネージャー的な社長を中心に、10人弱の社員が所属するデザイン事務所だったそうです。  史親さんは新人WEBデザイナーとして先輩のアシスタント業務などから始めていたそうですが、彼の教育担当を任されていたのが、3歳年上ながら、かわいらしい雰囲気で女子大生のようにも見える桃花さん(仮名・26歳)。 「桃花さんとの出会いは衝撃的でした。初対面で『よろしくね~』と言いながら僕の肩と腕にべったりと手を回してきて、顔の真横に彼女の鼻を近づけてきたかと思うと、『いい香り~。シャンプーなに使ってるの?』と聞いてきたんですよ。距離感が近い人だなって、どぎまぎしちゃいました。それから2週間もしないうちに3、4回はサシ飲みに誘われて、彼女のほうから告白してきたんです」

情熱的な口説き文句でラブホに

 彼女の口説き文句はとても情熱的だったといいます。 「薄暗い間接照明でムードのあるバーで飲んでいるときに、桃花さんは顔を10cmぐらいのところまで近づけて来て、こう言ったんです。 『私たちって好きなアートとか映画とか音楽とかの趣味がすごく合うと思わない? 前世で絶対、親子か兄妹か恋人だったと思うよ。私ね、史親君のこと好きなの。愛してる』って。  ただ僕は、ちいさな職場で恋愛すると仕事しづらくなると思ってるタイプだったから、ためらっていたんですよ。そしたら『私が真面目に気持ちを伝えたのに真剣に向き合ってくれないなんて失礼だよ』って、静かに、でも圧のある声色で言ってきたんです。そうまで言われたら、こっちも本気で応えなきゃって思うじゃないですか」  桃花さんのリードでラブホに行き、愛し合った二人。社内恋愛に躊躇はあったものの、桃花さんに惹かれていたため、きちんと付き合うと決めてからはどんどん彼女にハマっていった史親さん。
次のページ
彼女の態度が急変
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ