お金

「麻雀格闘倶楽部」最新作がスマスロで登場!Mリーグ参戦の激熱バトルに注目

シリーズ最新作にMリーグ参戦!

麻雀格闘倶楽部 覚醒

コナミアミューズメント
麻雀格闘倶楽部 覚醒
(C)Konami Amusement

 日本プロ麻雀連盟公認の有名プロ雀士が多数参戦、アミューズメント施設でも人気の同名ゲームのパチスロとして人気を誇る「麻雀格闘倶楽部」シリーズ。その最新作には、なんと麻雀プロリーグのMリーグも参戦!  スマスロになって期待感も覚醒するシリーズ第5弾「麻雀格闘倶楽部 覚醒」は9月中旬から全国のホールで対局スタートだ。 「麻雀格闘倶楽部 覚醒」のスペックは押し順ナビだけで高純増を実現した、純増約8枚のAT機。ゲーム数上乗せ型のメインAT「格闘倶楽部RUSH」はメインパートが10G以上+αで対局パートは10or16G+α。STタイプの対局パートに勝利すればAT継続となり、残念ながら負けてしまった場合でも引き戻しのチャンスあり。  AT中は「霊獣アタック」が発生すれば上乗せ特化ゾーンのチャンス、上乗せ特化ゾーンには全役で上乗せ抽選を行い上乗せ成功でゲーム数をリセットするSTタイプ上乗せ「和了乱舞」などを搭載。  さらに対局勝利の一部から突入する上位AT「究局Mリーグ」では、1セット12GのATが高継続でループ。終了後にも覚醒モードへ移行して160G以内の高ループとなり、エンドレスな対局によって出玉感は役満クラスに!

プロ雀士との手に汗握る対局に注目!

 通常時はシリーズのお馴染みの周期抽選で、リプレイやレア役で有効牌を獲得してテンパイを目指し、テンパイ後はリプレイやレア役で上がりに成功すればAT確定。対局を有利にすすめる数々のイベントも用意され、プロ雀士との手に汗握る対局が楽しめるのだ。  また初当り高確率の覚醒モード、さらに期待度が高い裏覚醒モードも用意されているぞ。  Mリーグ参戦でさらなる高みを目指す「麻雀格闘倶楽部 覚醒」、個性あふれる雀士との対局へ、いざ! 文/キム・ラモーン
ライターとして25年のキャリアを持つパチンコ大好きライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞、一般誌など幅広い分野で活躍する。
勝SPA! 
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート