スポーツ

「清原さんの収録で誰かの携帯が鳴って…」人気野球YouTubeの仕掛け人が語る、一番緊張した出来事

 プロ野球OBが配信するYouTubeチャンネルは、プロ野球ファンにとって今や欠かせないコンテンツだ。シーズン中はもちろん、シーズンオフもドラフト会議やキャンプ、トレードなどさまざまな話題をOBならではの鋭い視点で解説。多くのプロ野球ファンから反響が寄せられている。  そんなプロ野球OBチャンネルの先駆者ともいえる存在が、かつて横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍した高木豊氏だ。歯に衣着せぬ解説と人情味あふれる温かい人柄が人気を博し、チャンネル登録者数は47.2万人(2024年3月時点)に上る。  なぜ、『高木豊チャンネル』が多くのファンに支持されているのか。同チャンネルのチーフディレクターであり、自他共に認める“野球オタク”だというK氏(仮名・@teacherssato44)に、高木氏と出会ったきっかけや撮影の裏話を聞いた前編に引き続き、後編では最も印象に残っているゲストとそのエピソードなどを聞いた。
K氏(仮名)

K氏(仮名)

一番緊張したゲストはあのプロ野球大物OB

K氏(仮名)

『片岡篤史チャンネル』より

 K氏が携わっているYouTubeチャンネルには、プロ野球OBをはじめ、野球との関わりがあるタレントなどがゲスト出演。中でも緊張したゲストを聞くと、あの大物OBの名前を即答した。清原和博さんです。同じPL学園出身で先輩・後輩の間柄である片岡篤史さん(現中日ドラゴンズ一軍ヘッドコーチ)のチャンネルに出演していただいたのですが、とにかく緊張しました。もう、空気が違いました。ここ(事務所兼撮影スタジオ)で撮影していた時に、誰かの携帯に電話がかかってきて着信音が鳴ったんですね。先輩の清原さんがいる手前、片岡さんもピリピリされていて、『スタッフの誰かが鳴らしたんちゃうやろな?』という感じで周囲を見渡していて、一瞬その場の雰囲気が凍りついたんです。  僕の携帯が鳴ったわけではなかったので、『いやいや、僕ではないし……』と思っていたら、鳴っていたのは清原さんの携帯だったんです。『よかった~』って、本当に胸をなでおろしました。この時のシーンは(同チャンネルの)動画でも残っているのですが、あの張り詰めた雰囲気は今でも忘れられません。清原さんは体が大きいですし、ビルの上から来られるような感覚。やっぱりオーラが違うなと圧倒されました

黄色いオーラを放っていた新庄剛志

一番輝いて見えたのは、新庄剛志さん(現北海道日本ハムファイターズ一軍監督)です。岩本さんのチャンネルに出演していただいたことがあるのですが、19時過ぎにタクシーから降りてきた時にフワァ~っていう黄色いオーラが出ていました。いい匂いがしていましたし、スターって新庄さんみたいな方のことを言うんだなと。  それと、その時にミュージシャンのHARTYさんが歌われている「%1」(イチパーセント)という楽曲のCDを新庄さんからいただいたんです。新庄さんの公式応援歌であり、ご自身でプロデュースもされている楽曲なのですが、『僕のカンピューターが働くから、これを飾っとくといいことあるよ』と言われたんです。  ちょうどその頃、仕事で人間関係のトラブルがあり、『もういいや、この仕事は辞めて教員に戻ろうかな』と思っていた時期で……。新庄さんがプロ野球のトライアウトを受けられた時にもこの曲を励みにされていたみたいで、すぐに自宅に飾ったんです。すると、CDを飾った1週間後ぐらいに本当に仕事の悩みが解決できたんです。不思議だったのですが、やっぱり新庄さんには得体の知れないパワーがあるんだなと思いました」
次のページ
支えになった「片岡篤史からの電話」
1
2
3
4
K氏の担当YouTube一覧。以下のリンクからジャンプします。

【高木豊チャンネル】
【Satozaki Channel】
【片岡篤史チャンネル】
【岩本勉チャンネル】
おすすめ記事
ハッシュタグ