エンタメ

日向坂46・正源司陽子、センター抜擢に「齊藤京子さんに救われました」

 デビュー5周年を迎えた日向坂46が、5月8日に新曲「君はハニーデュー」を発売した。  今作ではグループ初となる選抜制を採用。そのセンターに抜擢されたのが、4期生の正源司陽子だ。’22年9月に5万人超のオーディションから選出され、日向坂46の4期生として加入した。「普段はすっごいゲラなんです」というほど天真爛漫な性格だが、ステージに立つと表情がガラッと変わり、17歳とは思えない堂々としたパフォーマンスを見せる彼女。 11枚目シングル「君はハニーデュー」 日向坂46 正源司陽子 今回のインタビューでは、新体制のセンターに選ばれた心境から「正源司」のルーツまで、日向坂46の未来を担う正源司陽子の魅力に迫った。

パフォーマンスは「始まったら終わってるという感覚」

――4月5日に1期生の齊藤京子さんの卒業コンサート、6日・7日は日向坂46の5周年記念ライブと3日間におよぶ節目のイベントを終えた心境から教えてください。 正源司陽子(以下、正源司):京子さんとは昨年の夏に日向坂46のYouTubeチャンネルの企画で原宿デートをして。それがきっかけになって、他の先輩たちとも私から話しかけられるようになったんです。京子さんに王道アイドルでもありつつ、個性的な魅力がたくさんあって憧れの先輩の一人でした。卒業コンサート当日は今までのご恩をお返しできたらという思いでしたし、最後のドレス姿もとても綺麗でした。  そして、「ひな誕祭」の1日目と2日目はファンの方の前で「君はハニーデュー」のお披露目がありました。リハーサル期間、夜中に何度も目覚めてしまうぐらい緊張していたんですが、本番は振り返れば先輩や同期がそばで支えてくださって心強かったですし、心身ともにリラックスした状態で臨めました。自分の中でも大きく成長できたと感じられる2日間だったと思います。 ――正源司さんはステージ上で音楽が流れると顔つきや雰囲気が一気に変わると思うんですけど、パフォーマンス中の記憶はあるんですか? 正源司:実はまったく覚えてなくて、始まったら終わってるという感覚なんです。あとで映像を確認して、「やった気がするな」っていう。ステージでは本当に没頭して夢中になっているんだなと思います。

齊藤京子に背中を押してもらった

――初日の卒業コンサートでは、齊藤さんの卒業曲「僕に続け」で齊藤さんのすぐ後ろを正源司さんが歩くという演出もありました。 正源司:本当に光栄でした。「君はハニーデュー」のMV撮影のときに、京子さんと楽屋で一緒になるタイミングがあったんです。その頃の私は、今回のシングルが初めての選抜制で私がセンターポジションになることを伝えられた後だったので、心の情報処理が追いつかずに一人になってしまうことが多かったんです。そんな私を見ていた京子さんが「陽子ちゃんならやれるって信じてたから、センターって聞いたときにすごく嬉しかったよ」と、背中を押してくれる言葉をくださってすごく救われました。そういう欲しい言葉を的確にくださるのが素敵なところだと思っていました。 ――その的確な言葉の中で、一番嬉しかった言葉は覚えてますか。 正源司:「雰囲気が可愛いね」って言われたときにすごく嬉しかったのを覚えています。個人的に、正源司の良さはこれだと言語化されてしまうと、それを失ったときに自分の良さもなくなってしまうんじゃないかという怖さがあって。ファンの方には、「正源司陽子というアイドルの良いところ、推せる部分はどこなの?って言われたときに答えられないんだよ。でも、なんか好きなんだ」と仰ってもらえることが多いんです。私はそれで良いというか、感覚的に好きになっていただくことは、「今のままでいいんだ」と思えて揺るぎない自信になるので。 ――言葉では言い表せないほうが成長を感じられている。 正源司:はい、そういう実感があります。
次のページ
「正源司」のルーツは中国から来た朝廷の音楽部隊らしい
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ