恋愛・結婚

街コン童貞、参加したらこうなった!

いまや、全国各地で毎週10~20件の街コンが開催されている。昨年から着実にその過熱ぶりに拍車がかかり、さまざまな変化が生じてきた街コン。いかにすれば楽しむことができるのか!?

【体験記】一大ブームに乗り遅れた街コン童貞が挑戦!果たして成果は?

街コン 街コンを初体験するため都内某所にやってきた本誌記者(27歳)と友人M。参加者は、男女とも20代後半の社会人が多い印象だ。

 早速、向かった1軒目はイタリアンレストラン。最初に対面したのは、アラサーとおぼしき2人組。ところが、僕らに特に関心も示さずほぼ無言。するといきなり「お二人は、何歳ですか~?」と、Mが地雷を踏む。えっ? と女性陣の表情が曇る。すぐさまフォローしたが、気まずくなり退席。

 Mに文句を言いつつ、2軒目で出会ったのは明らかにアラフォー! 意気消沈している僕らをよそに、「ご趣味は?」「家族構成は?」と、お見合いばりの質問を浴びせてくる。こういうときは何も言わないのかい、M! 早々に退席。

 ヨロヨロと歩きながら3軒目に向かっていたところ、「疲れてますね~(笑)」と、エレベーター内で話し掛けてきた2人組。聞けば、年も近い! お互いに惨敗を繰り返して、ここに辿り着いたようで、かなり話に花が咲く。「近くに知ってる店があるんで、2次会行きましょう!」と記者が誘うと、すんなり了承。とはいえ、街コンが終わったのは18時半。ここから、終電すぎまで粘るのも正直ツラいぞ……。案の定、この日は番号交換のみで終了。

 次は、街コンプランを練って、挑もうと思った帰り道なのでした。

― 今さら聞けない[街コン]攻略法【7】 ―




おすすめ記事