雑学

20代男女にブームの「滝行」に参加してみた

週刊SPA!7/26発売の「真夏の[激ヤバ地帯]潜入6連発」特集から、最近、20代男女の間で急増している「滝行」潜入を紹介する。ちなみに滝行とは、滝に打たれて雑念を振り払い、自己精神を鍛える修行のことだ。

都内で滝行体験を行っている寺院に問い合わせてみると、「最近、そういう問い合わせが多いんだよ!」と、なぜか怒られてしまった。続けてほかの寺院に聞いてみると、「毎年この時期は問い合わせが多いけど、今年は異常。あっという間に予約が埋まる」という。

午前11時、都内某所の滝場に到着。受付で参加者の名簿をざっと見ると、参加者は男女半々で計30名だ。更衣室に入ると、20代前半ほどの男性4人がさっそく緊張感のない様子で談笑していた。

そんなとき、和尚さんが入ってくるなり彼らをを睨みつけ、「修行ということを心得えろ!」と、出だしから30分以上の説教を聞くハメに……。なんでも最近、修行姿勢の悪い若者が、滝に打たれている最中に心臓が止まり動けなくなったり、滝で窒息するなど事故が多発してるという。

その後、説教が効いたのか、彼らは終始無言になる。滝に打たれる際にも、「声が小さい。気合いだ!」というアニマル浜口ばりの掛け声に「やぁ~」と、か細い声で答えながら涙ぐんでいた。 

帰り際、滝行に来た理由を聞いてみると、「HPを見て涼しそうだったから来たけど……。完全にナメてました。もう来ません」(21歳・学生)。

軽率な動機だけで参加すべきでないと肝に銘じてほしい。

週刊SPA!8/2号(7/26発売)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから

※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事