マネー

競輪で毎月100万円稼ぐプロの「素人でも稼げる必勝法」

一口にギャンブルといえば、“破滅への入り口”などとも言われるが、自分なりの必勝ロジックを駆使して“勝ち組”の人がいることも事実。技術、メンタル、資金管理術を徹底すれば、バクチは運を凌駕するのか? 各ジャンルにおいて継続して結果を残している人たちの声を聞き、夢の100万円オーバーを目指してみた!

<競輪>3連単より3連複。軍資金を抑えて穴狙い

 近年、興行面で苦戦続きの競輪だが、「他の公営ギャンブルよりもレースが荒れやすく、穴党向け」と語るのは、月イチペースで100万円オーバーの車券を当てる、専門紙競輪担当記者のN中氏。

 競輪の場合、大半はレース終盤まで選手間で「ライン」と呼ばれる数人単位のチームを組んで共同戦線を張る。通常は所属地域が近い者同士で組むが競輪学校の同期同士で組むケースなどもあり、誰が同じラインかを把握したうえで予想するのは初心者には難しい。

「でも、万車券の出るレースではラインが崩れるので、穴狙いなら無視してOK。むしろ、選手の成績を数値化した“競争得点”を重視します。新聞の出走表に載っているので、これを参考にします」

競輪 購入するのは1~3着を順位に関係なく予想する3連複。上位3着の順位通りに予想する3連単ほどの配当はない分、軍資金を抑えられるメリットがあるという。

「競輪は通常9人、一部のレースは7人で行われます。例えば、出場9人のレースの場合、競争得点順に上位4人、下位の5~8位、最下位の3つに分けます。3連複で高配当を狙うなら、上位グループ1人、下位グループ2人の組み合わせの車券が基本線。なお、得点最下位の選手は無視します」

 穴党の間では知られた予想法で、応用編として上位2人、下位1人の組み合わせによる中穴狙いも。

「それと(1)-(2)-(3)のような連番、(2)-(4)-(6)や(1)-(3)-(5)などの偶数目、奇数目は避ける。よく言われていることですが根拠はなく、車券の買い目を絞るためのマイルールだと思ってください」

 この買い方で万車券を一日3回当てたこともあるそうで、「1点500円ずつの購入なら一日10万円以上儲けることもザラ」とか。

「3連複と聞くと、『どれだけ買い目が広いんだよ!』と思うかもしれませんが、実はこのルールに沿った組み合わせは19通りだけです(※)。これなら、当たりそうな気がしませんか?」

※【画像参照】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=509747

 万車券はもう目の前だ!

車券購入用

車券購入用の投票マークカード。競輪場は全国に44か所あり、競馬場や競艇場の数よりも多い

― [ギャンブルで100万円稼ぐ]必勝法【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事