雑学

株、ロト6、賭け事に御利益。初詣は“金運UP神社”で

今年も残すところあと数日。大晦日から三が日は初詣に出掛ける人は多いと思いますが、できることなら2014年は金運アップしたいもの。そこで、株やロト6、賭け事などに御利益がある、ちょっと変わった神社に初詣に出掛けてみるのはどう?

【蕪嶋神社】(青森県八戸市)

 アベノミクスで歴史的な上昇相場となった2013年。株価が上がる御利益があるのが、青森県八戸市にある蕪嶋神社。株以外にも宝くじや就職などお金全般の御利益もあるとか。「かぶあがりひょうたん御守」が人気で、証券会社の営業マンが得意客のために大量に買い求めることもあるそうです。2014年は午年で、日経平均株価の干支別パフォーマンスを見ると、午年は最も悪い。マーケットには「午、尻下がり」という相場格言もあって気になるところですが、2014年、株式市場は好調さが続くでしょうか。

【叶神社】(横須賀・浦賀)

金運

Photo by mossygajud

 日本で唯一という叶神社。縁起のいい名前だけでなく、「叶」という字を分解すると「ロト」と見えることからロト6当選祈願で訪れる人も多く、「ロト神社」とも言われているとか。

【皆中稲荷神社】(新宿区百人町)

 江戸時代、「鉄砲組百人隊」が駐屯していた場所に建つ神社です。当時、鉄砲組与力の夢枕に稲荷大明神が立ち射撃を伝授。大矢場にて射撃を試みたところ、百発百中すべて的中となったことから「皆中(みなあたる)」と呼ばれるようになったとか。そこから、賭け事全般に御利益があることで知られるそうです。

【貧乏神神社】(長野県飯田市)

金運

貧乏神神社

 こちらは、日本で唯一の貧乏神の神社。なんとも縁起の悪そうな珍名ですが、(1)ご神木を棒で3回叩く→(2)ご神木を3回蹴飛ばす→(3)ご神木の後ろの的に豆を投げつけるという参拝方法で、「貧乏神退治」で有名なんだとか。まずは自分の“貧乏神”を退治してみるのもよさそう。

 株、ロト6、賭け事、貧乏神と金運にまつわるユニークな神社を紹介しましたが、このほかにも「金神社」(岐阜県金町)や「御金神社」(京都府)、「金持神社」(鳥取県)、「宝当神社」(佐賀県)などユニークな神社は全国に多数あります。2014年、御利益を期待して金運アップ神社に初詣に行ってみるのはどうでしょうか。 <取材・文/横山 薫>




おすすめ記事