ライフ

「初詣を年内に」ってご利益あるの? 分散参拝を勧める神社に聞く

 2021年を迎えるにあたり、私たちはwithコロナでの新年の過ごし方を心がけることになる。そうした中、コロナウイルスの感染拡大が収まらないことを受け、全国8万社を包括する神社本庁は「三が日を避けた分散参拝を」といったアナウンスを出した。これにより、例年であれば三が日に初詣に出かけていた人からは戸惑いの声も挙がっており、中には「ご利益がなくなってしまうのではないか」という心配もあるようだが、神社本庁は「ご利益は変わらない」として理解を呼びかけている。
初詣

写真はイメージです(以下同じ)

 本当に、密を避けた三が日以外の初詣にご利益があるのか? 神社に聞いてみた。

ご利益に変わりはないのか

 毎年300万人以上の初詣客を集める明治神宮の担当・平尾さん(男性)は、「来年は三が日を避けていただくようにお願いしております」と、明治神宮でも同様の見解であるということを話してくれた。また「その他、土日など混み合うと思われる日も避けてご参拝くださいますようお願いします」とのことだ。  それでも三が日を外れると、ご利益が薄れるかもしれないという心配の声についても聞いてみた。

そもそも“ご利益が目的”ではない

「そもそも、参拝はご利益が目的ではないんですよ。日々、生かされている感謝をお伝えしにきていただいて、その上でお願いごとなどをなさるのがいいかと思います」(同氏)。  普段はご利益を求めて初詣に出かける人も、今回は「この世界的厄災の只中で、なんとか生かされている」ことへの感謝の参拝にいくのもいいのかもしれない。  また、込み合う時間帯については「ホームページにも記載しておりますが、午前10時以降は参拝される方が比較的多い時間帯となります」と教えてくれた。さらに、例年であれば大晦日から元旦にかけて夜通し開いているが「今年は、大晦日は午後4時に閉門しまして元日の午前6時に開門する予定です」(同氏)と、異例の対応となるようだ。
次のページ
年内の参拝でも問題なし
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事