マネー

“スキマ時間”をスマホでお金に換える秘策

いまや社会人の必需品ともいえるスマートフォン。普及に伴い、各スマホに対応するアプリも増えている。生活・仕事の便利ツール、暇つぶしのゲームなど利用方法は人それぞれだが、儲けのツールとして活用することも可能なのだ。電車の移動中や待ち合わせなど、スキマ時間をカネに換える秘策を伝授!

◆利益率が高いお宝を仕入れて高値で転売!【フリマせどりで月5万円】

スマホ リリースから1年で、200万ダウンロードされたフリマアプリ「メルカリ」。出品したい商品の撮影から売買までをスマホだけで完結できる手軽さがウケている。

「メルカリは、仕入れの場として重宝しています。高額で転売できる商材を低価格で買えますから」

 そう語るのは、メルカリで安く仕入れた商品をアマゾンに転売するだけで月5万円を稼ぐニコハチ氏。中古ショップで見つけたCD、DVDなどをネットで転売する“せどり”を専業で行っている。

「オークションサイトと違い、メルカリは女性ユーザーが多い。彼女たちは不用品をさっさと処分したい気持ちが強いのです。そのため、マニアには好まれる商品も安価で販売されています」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=649054

メルカリ

【仕入れ値の1000%超。掘り出し物がたくさん!】未開封の電池パックが、原価の19倍の値段で売れるなど、メルカリには宝の山が隠されている。目利きになれば掘り出し物が見つかる?

 彼がメルカリで狙うのは、限定品や新品未開封品。これをアマゾンのマーケットプレイスにて、プレミアム価格で転売している。

「400円で入手したCDを4780円で販売したこともあります。メルカリで仕入れた品の平均利益率は60%。ぼろ儲けです(笑)」

 仕入れ値が安いため、利益率は高い。フリマならではの特徴として、値下げ交渉も可能なのだ。

「単品で購入するときは、100円単位での交渉。でも、まとめ買いをするなど、メリットを提示すると、さらに有利です。元値5000円を3000円までディスカウントしたこともありますよ」

 通常の仕入れは、ブックオフや家電量販店などを巡っているというニコハチ氏。物量では既存店にかなわない。しかし、メルカリは、ほかにない手軽さが魅力だ。

「アプリの仕様がシンプルなので、目的の商品を簡単に見つけることができます。移動中や発送品の梱包の合間など、ちょっとした空き時間に検索・購入できるため、効率が上がりました。目利きに自信がなくても、相場は価格比較サイトで調べれば判断できます」

 簡略な支払いもユーザーに評価されている。メルカリ内で使えるポイントを購入すれば、次の取引まで留保できるうえ、購入のたびにカード支払いや銀行振り込みが不要。お値打ち品を二束三文でゲットするチャンスだ。

<ほかにもこんなフリマアプリが>

●LINEモール
販売手数料や決済手数料が無料。金銭の授受は運営者が管理。買い物をすると金額の1%のポイントが付与。1ポイント=1円相当

●LISTOR(リストア)
ブランド古着に特化したフリマアプリ。最低価格は5000円以上と高額。販売者には5%・購入者には10%の手数料がかかる

イラスト/もりいくすお
― [スマホで稼ぐ](得)錬金術【1】 ―




おすすめ記事