デジタル

効率的な情報収集には、自分に合ったニュースアプリを見つけるべし

溢れるばかりの情報が駆け巡る現在。そんな氾濫する情報の中から、必要とする記事を効率良く収集できるニュースアプリとは?

◆雑誌を眺めるようにアプリを眺めればそれだけで楽しい「Antenna」

 SmartNewsやGunosy(※前編参照:http://nikkan-spa.jp/695593)などSNSでの話題性に重視したニュースアプリとは違うアプローチをとるのがAntennaだ。

清河祐子さん

Antenna 清河祐子さん

「ネットで話題になっている記事は、他のサイトやニュースアプリで見てもらえればいいと割り切っています。逆に他のネットメディアで紹介されない記事にAntennaでは出合ってほしい」

 こう語るのはシステム企画担当の清河祐子さん。使ってみると、アプリの見た目、ユーザーインターフェイスも前者とはまったく違う。アプリを開いてまず目に飛び込んでくるのが、記事のタイトルではなく画像なのだ。

「テキストよりも画像は情報量が多く、興味の有無を瞬時に判断することができます。タイトルを追うことなくページをスクロールしてもらえれば、どんな記事が配信されているかがわかるんです」

 確かに画面をスクロールして画像を眺めているだけでも多くの情報が入ってくる。ビジュアル誌をパラパラとめくっている感覚に近いのだ。

 最後に、これから注目を集めそうな経済記事に特化したニュースアプリ「NewsPicks」にも触れておきたい。単に経済記事が多いだけでなく、ユーザーが記事に対する意見や感想を書き込むスペース、いわゆる掲示板を重視した構造だ。現在、コメントを書き込むユーザーに、堀江貴文氏やジャーナリストの津田大介氏、大学教授や証券アナリストなど経済や経営のプロたちがコメントを寄せる。NewsPicksは、記事を鵜呑みにするのではなく、プロのコメントを読め、さらに同じ土俵で論じられるダイナミックさが楽しめるのだ。

ニュースアプリ

自分に合ったニュースアプリを選ぼう!

 まさに、百花繚乱状態のニュースアプリ業界。ここから自分に合ったアプリを見つけ、効率的な情報収集に努めてほしい。

取材・文・撮影/河原塚英信
― 百花繚乱!ニュースアプリの最前線【2】 ―




おすすめ記事