恋愛・結婚

普通の38歳が18歳と付き合うと悲惨な結果に「フラれた理由がわからない」

 22歳の女子大生と不倫関係を報じられた千葉真一(74歳)然り、先日肺がんで亡くなった愛川欽也(享年80歳)の44歳差愛人騒動然り、男というのは年下の女性を常に求めてしまうもの。もちろん、彼らはカリスマ性をまとった芸能人という特殊な人たちだが、世の中には、20~30歳差を気にせず、年の差恋愛を楽しむジゴロたちがいて、男性の憧れとも言える。

年の差恋愛 女性を扱い馴れた男性であれば、その年の差に臆することなく、女性を満足させることもできるだろうが、多くの人はそうもいかない。ましてや、女性経験もロクにないアラフォー男性が“年の差恋愛”をしてしまうとどうなるのか。

 都内PR会社に勤務するFさん(38歳)。大学1年生のときに付き合っていた彼女と初体験は済ませていたものの、以来、彼女いない歴(=素人童貞歴)は19年に及ぶ。そんな女性経験のほとんどない彼に春が訪れたのは今年2月のこと。友人主催の合コンで18歳の看護師学校に通う女のコと出会ったという。

「普段合コンなんて行かない(呼ばれない)んですが、僕を哀れに思った友人が誘ってくれたんです。そこで、18歳のAちゃんと知り合いました」

 アイドル好きという共通の話題で盛り上がった2人は、その日のうちにデートの約束をした。

「1週間後、秋葉原のアイドルイベントに一緒に行って、その後メイドカフェに行きました。本当に楽しそうにしてくれて、僕も嬉しかった。そして、夕食を食べたあと、公園でキスすることに成功したんです」

 18年ぶりのマジキスに浮かれるFさん。しかも、相手は18歳の専門学校生だ。「これは付き合っていると言っていい」と判断し、告白もせずに勝手に交際をスタートさせた。その後、LINEで連絡を取り合い、順調に交際は進んでいるかに見えたのだが……。

「大人の男性をアピールしようとある日、『今度は箱根デートに行こうね』って誘ったんです。だって、付き合っているんだから旅行するでしょ? そうしたら『Fさんは私とセックスするのが目的なんですか? 一泊なんてできるわけないじゃないですか』と返信がきました。彼女は処女でもないし、ましてや僕とキスしているわけですよ。そりゃ、セックスだってしたいでしょ、普通!」

 興奮気味に話すFさんはその後、彼女をなだめて2回目のデートへ。「猫カフェ→井の頭公園」というアラフォー独身男が行けば、浮きそうなデートスポットに若干違和感を感じながらも「彼女と付き合うため」と耐えたという。

「そのデートのときは結局、キスもできず、次のデートの約束もできませんでした。猫カフェデートしながら、バレちゃったんですかね。猫が別に好きじゃなく、彼女に合わせていることが……その後、LINEをしていても盛り上がらずにいたら、突然LINEで『男性の人との連絡は一回リセットします』って連絡があった。それっきりLINEを送っても既読スルーされています」

 女性経験が少ない人が年の差恋愛をした場合、ただでさえ異性の気持ちなどわかりづらいものなのに、そこに世代ギャップも要因として加わり、大混乱を引き起こす。Fさんもまた、Aさんの不可解な行動から仕事が手につかず、うつ病気味になったという。

「原因がわからないので、気持ちの整理をつけることができない。20歳差とはいえ、本気で好きになっていたんです。当分立ち直れそうにありません」

 年相応の女性であれば、まだ自分自身に“答え”を出せたというFさん。それもあるが、まずは女性経験を積むことも必要だ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>




おすすめ記事