エンタメ

セクシー女優も大集合!コスホリック14[美人コスプレイヤー画像集]

 コスプレ同人誌・デジタル系即売会の「コスホリック14」が、5月5日の東京・サンライズビルで開催された。

コスホリック14 今回で14回目となる同イベント。当日は、コスプレイヤーやセクシー女優らが会場に大集合。コスプレの写真データを収録したCD-ROMや写真集を販売したり、ブースを訪れたファンとの会話を楽しんだりしていた。

 アイドルの特典会さながらに、写真集や新作ROMを購入すると、その場でコスプレイヤーと2ショット写真を撮れたり、配布される撮影券で撮影タイムを楽しんだりする来場者の姿も見られ、人気のブースには長蛇の列ができていた。ファンが活動を支えるという点では、どの世界も変わらないのだろう。

 各ブースを見て回りながら写真集をぱらぱらめくっていると「実はこれ、僕なんです」と声をかけてきてくれたのが、男性コスプレイヤーのNonomy(ののみー)さんだ。彼は女性キャラクターの表現を主な活動としており、男らしからぬその美貌に驚いた記者の質問に快く答えてくれた。

コスホリック14

Nonomy(ののみー)さん

 Nonomyさんは『艦隊これくしょん -艦これ-』の長門など、好きなキャラクターを自身の身体で表現し、写真やCG・デザインの技術でグラフィックスとして完成された作品を作ることを目指しているという。周囲からはどんな反応があるのだろうか?

「男がコスプレをすると気持ち悪いと思われることが多いですが、男でもやればできるということを示したいんです。写真を見た人はモデルが男だと知ると、みなさん純粋に驚いていますね。自分が男であることをバラすのは、あくまでも写真を見てもらうためのきっかけなんです」

 また、ポージングに際してグラビアやコスプレの写真集を参考にするのではなく「男だからかわいさでは勝負できないので、鏡の前で自分の姿を見ながら、どんなポーズをとればきれいに撮影できるか探っています。胸には詰め物をして、繋ぎ目をCGで違和感なく見せるくらいです。A~Eカップなら、自分で操作できるんですよ(笑)」と熱く語ってくれた。

 男でもEカップになれるとは……なんて夢のある話だろう。ブースに展示されたグッズやポスターから伝わってくる世界観はさまざまで、最新アニメから人気のゲーム、スクール水着やローブルマなど、オリジナル衣装を身につける参加者も見られた。初めて訪れる人は、その独特な熱量に圧倒されるだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=847112

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>




おすすめ記事