新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


第6章:振り向けば、ジャンケット(30)

 ジャンケット業者にとっては、願ってもない展開となりそうである。

 両者とも3000万円前後の手持ちで、一方が負けた分、他方は必ず勝つ。

 一直線に昇ったり落ちられるより、勝ったり負けたりするこちらの張り方のほうが、ローリング(=勝利の際につけられるキャッシュ・チップでベット用のノンネゴシアブル・チップを購入すること)は進むケースが多いのである。

 テーブルでのローリングは、このハウスでは2年前から電子化されていて、人の手を煩わせることがなかった。

 二人で喰い合いをしてくれるのだから、ジャンケット業者の手間がかからない。

 新たな現金でのバイインのときだけ、良平か優子が立ち会えばいいだけだった。

「ご用がある際は、ケイジで呼び出してもらうか、わたしか優子の携帯にご連絡ください」

 二人の背中に言うと、良平はオフィスに戻った。

 大窓から眺める海峡を隔てたマカオ半島は、熱霞で包まれている。

 タグボートに曳航される大型客船が、茶褐色の海に白い軌跡を描いていた。

 今日も外は暑そうだ。

「お部屋にご案内したら、美々さん、卒倒しそうなくらい驚いていました」

 と戻ってきた優子が言った。

「タイプはLBだったよね。そりゃカジノ・ホテルのスイートに慣れていない人なら、腰を抜かしても不思議じゃない」

 連れが居るということで、用意したのは2ベッド・ルーム250平方メートルの部屋だった。

 広々とした執務室やキッチン、カラオケ・ルームまで付属している。

 バスルームはふたつだけだが、独立したシャワールームが二か所にトイレは合計六箇所。

 東京で3LDKくらいのマンションに住んでいるとしたなら、ゆうにその3倍以上はある「ホテルの部屋」だった。

「横田さんと百田さんが、張り合っている。しばらくはあのままにしておいても大丈夫だろう。わたしはすこし席を外す。わからないことがあったらすぐに連絡してくれ。10分で戻れるから」

「今日のフロアには、『天馬會』のジャッキーくんがいましたから、なんとかなると思いますよ」

 優子の頬にかすかな朱がさした。

   *         *        *        *

 良平のマンションは、北安大馬路を南に下り、孝思墓園のすぐ近くにあった。

 マンションというのは、実は正確ではない。

 英語で「マンション」と言ったら、大きな部屋がすくなくとも15はある独立家屋の豪邸を指すのだから。

 良平のユニットは、高台にある8階建てビルの最上階に位置していて、海峡と友誼大橋が臨めた。

 食堂のテーブルの上に、大きめのケーキが載せられてある。

 なんで?

 走り書きのメモが添えられてあった。

「ダディー、昨日はマミィーのお誕生日だったのに」

 リリーの筆跡で、英語で書かれてあった。

 そうか、リリーに悪いことをした。

 リリーの母親が消えてから、もう16年になるのだ。(つづく)

⇒続きはこちら 第6章第2部:振り向けば、ジャンケット(1)

第6章:振り向けば、ジャンケット(29)

 バカラ卓の背後から、しばらく横田は静かに百田(ももた)の博奕(ばくち)を観戦していた。

 声は掛けない。

 電光掲示板に映されたケーセン(=過去の勝ち目を示す表)は乱れているのだが、百田は快調に飛ばしているようだった。

 良平と横田が見ている前で、プレイヤー・サイド5万HKD(=75万円)のベットで、3連勝する。あれで225万円の収入。しかも(申告しないだろうから)無税。簡単なのである。

 この局面で広域指定暴力団二次団体の理事長は、赤い大判ビスケットを、グリーンの羅紗(ラシャ)の上に投げた。

「カラー・チェンジ」

 一枚100万HKD(=1500万円)のビスケットを、ベット用の細(こま)いノンネゴシアブル・チップにバラせ、という意味である。

「ちょっと、待ってよ」

 百田が振り向きながら、日本語で言った。

 連勝中は、同じ状態を維持していたい。打ち手の願いである。

 カラー・チェンジだとかフィル・インだとかが入ると、勝負の流れが変わってしまう。

 こちろんこれには「科学的根拠」など、まるでない。

 でも打ち手たちは、そうなる場合が多い、と経験的に知っていた。

 いや、そうなった場合の方が、強く印象づけられているだけなのかもしれないが。

「あっ、あんたは」

 100万HKDの赤色大型ビスケットをグリーンの羅紗の上に投げた男を見て、百田があわてて椅子から腰を浮かせた。

 その両肩を横田が押さえつける。再び百田を坐らせた。

「こんなとこで取って喰おう、なんてしやしないよ。都関さんにも約束している」

 と横田がどすを利かせた低い声で言った。

 I会二次団体の枝の金貸しと広域指定暴力団二次団体の理事長では、やはり貫目に差があるのか。

「賭場(どば)は、別空間。そうじゃなければ、どんな組織だって抗争中は盆を開けなくなってしまうだろうが」

 斯界の暗黙の合意、といったところか。横田の言葉に、良平はへんに感心した。

「恨みっこなしよ。抗争も博奕(ばくち)も、それが本寸法」

 横田の言葉には、重みがあった。

「そういうことで、お願いします」

 と百田が殊勝に応じた。

「次は、どっちだ?」

 カラー・ダウンされた1万HKDのノンネゴシアブル・チップを右掌の中に包みながら指先だけで器用にシャッフルさせ、横田が訊いた。

「プレイヤーの4目(もく)ヅラだから、自分は5枚で追う」

 と百田。

「じゃ、俺は反目に同額で行くよ」

 と横田。

 マカオのVIPフロアでは珍しく、打ち手同士の絞り合いとなった。

「よっしゃっ!」

 両者三枚引きの泥仕合となりながらも、これは4対5で理事長側の勝利。

「はっはっはっ。どんどん行け。すべて俺が向こうを張ってやるから」

 と横田。

 そりゃ自分でサイドを選ぶより、敵にサイドを選んでもらって、その裏を張っていく方が、ず~っとラクだろう。

 互いの顔を見ることもなく、同一方向に同額のベットを律儀に繰り返した、抗争中の九州やくざとは、えらい違いだった。(つづく)

⇒続きはこちら 第6章:振り向けば、ジャンケット(30)

第6章:振り向けば、ジャンケット(28)

 5階ジャンケット・フロアのセキュリティ・ゲートをくぐると、奥の勝負卓にすでに百田(ももた)が座っているのを、都関良平(とぜき・りょうへい)の眼は確認した。

 百田の背後には、優子が立っている。

「うわあっ」

 フロアに入れば、横田が連れてきた美々(みみ)という名の少女が、驚きの声をあげた。

 バカラ卓ばかり四十数台がオープンしている。

 平日の午後だというのに、しかもいくつかのテーブルには、立ち張りの客が二重の垣をつくっていた。

 あれは間違いなくツラ(一方の目の連勝)が起きている卓である。

 ラスヴェガスの常連客だってマカオのこれを見れば驚いてしまうのだろうが、おそらくカジノ経験がない少女なら卒倒しかねない光景だったのだろう。

「まずデポジットを済ませておきましょう」

 良平は横田に言った。

 勝負卓で百田とかちあう前に、カネの処理だけはしておきたい。

 広域指定暴力団二次団体の理事長とその連れの少女を、天馬會のケイジ(=会計部につながったキャッシャー)の前に導いた。

 横田がバッグから取り出したのは、輪ゴムで100万円ずつまとめられた一万円紙幣の束(ズク)である。これがさらにやくざ独特のまとめ方で1個1000万円(レンガ)となったものが3個だった。

 平均すれば横田はこれまで5000万円前後のデポジットだったから、かなり減っている。

 もっとも、バッグの中にはもっと入っているのかもしれないが。

 2012年10月、『暴力団新法』改正法が施行されてから、日本全国のやくざのシノギは厳しくなっていた。

 これはとりわけ関西の組織に顕著な傾向で、すでに合法ないしはグレイ・ゾーンの「正業」に「稼業」の重心を移していた関東やくざには、影響がそれほど深刻ではなかった、と聞いている。

 やくざの看板は出さないだけで、やっていることは同じだ。

 新たなシノギのネタが、どんどんと登場した。

 除染だとか介護あるいは貧困対策など、政府が怪しげな業界にじゃぶじゃぶとカネを流してくれるのだから。

 世にシノギのタネは尽きまじ。

「すぐにお打ちになりますか?」

 良平は横田に訊いた。

「一度お部屋に入って、リフレッシュしたい」

 と、横田の代わりに美々が答えた。

 リフレッシュ? この少女は英語圏での留学経験があるのだろうか。

「俺は、ご機嫌伺いにちょっとカードに触ってくる」

 と横田。

「では」

 良平が優子を携帯で呼び出した。

 百田が打っているバカラ卓からは、十数メートルしか離れていないのだけれど、そこいらへんは、良平のいつもの判断だった。

「お嬢さまをお部屋にお連れして」

 優子に命じると、さて厄介な部分である。

 横田を『天馬會』のテーブルに案内した。

「おう、やっとる、やっとる」

 博奕に集中する百田の背中を見つけた横田が、にやりと笑った。

「いわしちゃろ」

 と広域指定暴力団二次団体の理事長。

 もちろんバカラ勝負で「いわせる」のだろう、と都関良平は祈った。(つづく)

⇒続きはこちら 第6章:振り向けば、ジャンケット(29)

第6章:振り向けば、ジャンケット(27)

 九州で、2006年から7年間ほどつづいた大きな抗争があった。  使用された武器は、日本刀や拳銃はもちろんのこと、手りゅう弾や自動小銃、バズーカ砲まで登場し、両団体とも一歩も引かないきわめて熾烈かつ残虐な抗争だった。   […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(26)

 翌日の昼過ぎに、都関良平はマカオ・フェリー・ターミナルに向かった。  港珠澳大橋は10月23日に開通する予定だったから、この頃は日本からだと、空路で直接マカオ空港に着くか、香港からフェリーで来る客が多かった。たまに大陸 […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(25)

「残念ながら、『三店方式』でカネを処理する可能性も否定できない、ということです」  受話器の向こう側で、リゾートJJ社の高垣がため息をついてから、つづけた。 「OBの再就職先やあまたの財団法人関連で警察とのつながりが深い […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(24)

「物珍しさもあることだろうから、初期には大手カジノ事業者がもつプレミアム・プレイヤーのリストでVIPフロアが埋まるかもしれない。だけど、そんなのはすぐに枯れてしまいます。MGMマカオの件を覚えていますか? 開業時は、ジャ […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(23)

「どうですか、決めてくれましたか? 年内までにだいたいの人事を整え、そういう名前にはならないかもしれませんが、新年からはジャンケット部門を発足させたいのですよ」  と電話の向こうで高垣が言った。  リゾートJJというのは […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(22)

 都関良平(とぜきりょうへい)は、自分が仮眠する部屋の手配をした。  再び5Fに呼び戻される前に、すこしでも睡眠をとっておきたい。  オフィスには、横になれる長椅子もあったが、なによりシャワーを浴びたかった。手間が掛かる […]

第6章:振り向けば、ジャンケット(21)

 上海東鼎投資グループ会長・邵東明(シャオ・ドンミン)の10億人民元(170億円)、および中国のスマホメーカー・金立(ジオ二―)の創業者による100億人民元(1700億円)といったキリのいい数字で負けが確定するのは、ジャ […]