新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


patoの「おっさんは二度死ぬ」
雑学

成田空港バス内の地獄の伝言ゲームは、まさかの壁で幕を閉じた。そして僕のウ●●は――patoの「おっさんは二度...

 成田空港はとても便利な空港だ。  もともと主に国際線が行き来する空港で、国内線の本数はそう多くなか...
pato
雑学

コンビニ店員に、予想外のあだ名を付けられていた俺たちは――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第30話>

 ネーミングは自由だ。  通勤途中の道沿いに「カフェ・ド・田中」(田中の部分は仮名)というコーヒーシ...
pato
雑学

ヨコ文字を連発する、意識高い系おっさんに訪れた結末――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第29話>

 昭和は過ぎ、平成も終わりゆくこの頃。かつて権勢を誇った“おっさん”は、もういない。かといって、エア...
pato
雑学

碇シンジになり切ったおっさん「笑えばいいと思うよ」。僕は笑えなかった――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第...

 おっさんとは時にエンターテイナーだ。  誰かを喜ばせ、誰かを楽しませたいという思いは、多くの人が心...
pato
雑学

自称・未来からきたおっさんが唯一、的中させた“予言”――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第27話>

 不思議なおっさんに出会ったことがある。  あれは小学生3年生くらいの頃だっただろうか、僕は泣きなが...
pato
雑学

中年男、4人集まれば姦しい。おっさんの股関節を破壊するローカル電車――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第2...

 おっさんは暇をしない。  考えてみると、若かりし頃は常に暇と戦う日々だった気がする。ことあるごとに...
pato
雑学

泣き虫のおっさんが教えてくれた世の理。それは、オセロの黒の裏が白とは限らないこと――patoの「おっさんは二...

もう何年前になるだろうか。30代となり、いよいよおっさんになったなあと実感しだした頃、僕とケリーさん...
pato
雑学

正月に集まると必ず一人はいる、インチキおじさんの思い出――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第24話>

 漫画家のさくらももこさんが亡くなった。  さくらさんといえばやはり「ちびまるこちゃん」だが、そのア...
pato
雑学

東京を批判してたおっさんの上・京・物・語――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第23話>

地方へ行くことが多い。 それこそ周囲何キロも見渡す限り民家がなく、立派な国道が通っているだけのレベル...
pato
雑学

寂しくたっていいじゃない。世界のおっさんへ、少し早いメリークリスマス――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第...

街角からマライアキャリーが聞こえ始めた。こうなってくるといくらおっさんといえども妙に浮足立ってくるも...
pato
1
2
3
4