トップ営業マンが実践している“のび太式”テクニックとは?

 イケているとは言えない髪形に気弱そうな微笑を浮かべる酒井晃士さん(33歳)、実はNTTドコモグループ2万5000人中、20代にして3度の社長賞を受けるという類例ない実績を持つトップ営業マンである(法人営業部門)。

 黄色いTシャツでも着せたら、まるで“のび太くん”のようだが、実はそれが狙いの一つで、その冴えない容姿を生かしたゆるい営業術を自著『のび太でも売れます。』(水王舎)にまとめたほど。

営業マンが実践している“すなお”テクニックとは? 内向的で、営業には向かないと自認するが、「お客様は売りつけられることが不安なので、デキる営業タイプよりも『この人、大丈夫なの?』、『この人なら断れそう』と思わせ隙を見せたほうがいいんです」と極意を明かす。当初はなかなか話が切り出せなかったというが、「ひたすら話に頷いているうちに、逆にお客様から『商売の話はしなくていいの?』と心配され、契約に結びつくようになった。今でも『念のため持ってきたんですけど』とパンフレットを渡すだけ。雑談で終わることもありますが、それが何と次に繋がるんですよ」。

 本当にそれだけで上手くいくのか?とやや疑問であるが、酒井さんがコツとして挙げるのが、相手の“顔”と自身の“声”だ。

「相手の目つき、口角などから乗り気かどうかが読み取れるはずです。また、自分の声のトーンも意外に重要で、ゆっくりとしゃべるだけでも話を聞いてもらえる」という。さらに大事にしているのが、“すなお”。素直に話を聞くのはもちろん、『(す)ごいですね』『(な)るほど』『(お)教えてください』と返すだけで効果がてきめんに現れると指南する。

★営業の極意
・「大丈夫かな」と思わせる容姿が〇
・相手の表情、自身の声のトーンを見る
・トークの極意は「すなお」
・「すなお」は恋愛にも応用できる魔法

「これは無意識に好感をもたれるので、恋愛の場面でも使えるはず。男性には特におススメしたいです」

【NTTドコモ 酒井晃士氏】
‘ 82年生まれ。大学卒業後、NTTドコモに入社。法人営業を担当し、5期連続で目標達成率300%超。20代で3度のビジネス表彰(社長賞)を受賞する。和田裕美認定講師としてスキルを生かしたコミュニケーション講座なども務める

<取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/西アズナブル>

のび太でも売れます。 トップセールスが明かす世界一ゆるい営業術

のび太くんでもできるような「ほんの小さなこと」の数々が、あなたとお客さまを幸せにします!

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中