恋愛・結婚

生理中の女性に言ってはいけない言葉は?――女性に聞いたシチュエーション別「OK/NG」ワード

 政治家や芸能人の不用意な言葉がしばしば炎上するが、ちょっとした一言で、相手が急に不機嫌なってしまうなんてことは日常にも転がっている。

 特に男性が気をつけなければならないのが、「女性特有のシチュエーション」だ。生理やデート時の会計などがそれに当たるが、ここにはモテと非モテを大きく二分するコミュニケーションの罠が隠されている。

 20~30代女性を中心に、各シチュエーションにおける「正解ワード」を聞いてみた。

生理中に「大丈夫?」はNG


 夏場は、急に体調を崩す女性が少なくない。生理中ならなおさらだ。そんなときに言ってはいけないセリフとは?

×:誤回答「大丈夫?気持ち悪い?」

「本当に気分が悪い時は、頷くのもツラいんですよ。気持ち悪いかなんてことは見たらわかるのだから、疑問系にするのはやめてほしい」(30歳・ライター)

「気持ち悪かったらどうなんだよ!とさらにイライラしてくる」(28歳・事務)

 という声が上がる。

 そこで正解を聞いてみると…。

○:模範回答「辛いね、しんどいよね」「少し休もうか」

 ここは「辛いね、しんどいね」「少し休もうね」など、回答を必要としない声がけをするのが重要のようだ。

「とにかく声がけだけでいいです。背中をさするのは逆効果なのでマジでやめてほしい」(25歳・教育関係)

「背中をさすったり、頭を撫でて安心させようとする男がいるけど、吐き気や頭痛の時の頭への振動は苦痛でしかない」(28歳・マスコミ)

次のページ 
「この服どう?」への返答、正解は?

1
2
3




おすすめ記事