30代男子で流行中の「フェイスブックおかわり」とは?

facebook 5月18日、米ナスダック市場に上場を果たしたフェイスブック。先ごろ、創業者でCEOのザッカーバーグ氏も急遽来日して野田首相との会談を実現させるなど、日本市場への進出も加速化している。

 日本でのユーザー数も2011年末時点で1000万人を突破し、とくに都市部在住の20~30代においては、フェイスブックのアカウントを持つことはもはや常識となりつつある。あなたのまわりでも、最近やり始めたという友人・知人も多いだろう。

 そんななか、30代の一部のユーザーで今、ある行為が流行っているという。

「仕事関係で利用するため、1年前に登録したんですが、最近、昔合コンや飲み会で知りあってヤっちゃった女たちの写真が次々と出てくるんです。『共通の友達』がいないにもかかわらず、です。中には10年前に遊んでたセフレなんかもいて……。最初は気味悪かったんですが、そのうちの一人の女性から『覚えてる?』とメッセージが来て、会うことになった。当然、飲んでそのままホテルに行きました(笑)。以降、僕のほうから『覚えてますか?』ってメッセージを送り、“再会”を繰り返しています。今年に入って4人、ヤリました」(35歳・広告代理店勤務)

「20代の頃、よくネットナンパをしてヤりまくってたんです。メッセンジャー、2ショットチャット、エキサイトフレンズ、ヤフーパーソナルズ、ミクシィ……ひと通り遊んでヤった女は50人以上。で、最近、フェイスブックに登録したら『知り合いかも?』って当時ヤった女たちが表示されるんですよ(笑)。30代になって結婚してからそういう遊びはやめてたんですが、なんか火がついて、『久しぶり!』なんてメッセージを送りはじめた。すると、3割くらいの女は意外と僕のことを覚えて入るんですよ。で、デートの約束をしてセックスする。再会すると人妻になってるコもいて、いろんな意味で興奮しますよ。友人も同じようなことしてるヤツがいて、我々の間では『フェイスブックおかわり』と呼んでいます(笑)」(34歳・グラフィックデザイナー)

 そう、30代の男性の間では今「フェイスブックおかわり」が流行っているというのである。では、いったい、なぜ昔ヤった女たちとフェイスブック上で繋がってしまうのか。「共通の友達」がいないのに、フェイスブック側はなぜ、2人の“過去”を知ってるのか? この疑問をITライターにぶつけてみた。

「おそらくその男性2人は携帯電話などのアドレスをインポートして友達を検索する機能を利用したのでしょう。携帯電話に古いアドレスが残っていて、相手もまだそのアドレスを使用していて、フェイスブックに登録する際にそのアドレスを利用した場合、フェイスブックのサーバ上で一致して、サジェスチョンが行くのでしょう。だから、共通の友達がいなくても、フェイスブック側は『この2人は知り合いに違いない』と判断するのでは」

 キャリアが提供する携帯メールアドレスは、何年も変えていない人もいるだろう。昔ヤった女のアドレスがたまたま残っていて、機種変更をしても電話帳に残り続けた場合、2人の男性が経験したような不思議な現象が起こるのだ。

 空白の時を経て、「フェイスブックおかわり」で再び出会う男女……これもソーシャルネットワーク時代が生み出した徒花かもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

facebookで飲み会しませんか?

どうせならフェイスブックを活用して知らない人と飲み会を

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中