『まどか☆マギカ』にオッサンが涙する理由

今期アニメが始まったにもかかわらず、「まだ『まどマギ』かよ!」というツッコミは甘んじて受け入れよう。だがしかし、まだ語り足りないのだ。かくいう筆者は35歳の立派な中年。嫁もいる。アニメ感度は「『消失』を観て始めて長門の良さに気付いた……」程度のいわば「にわか」である。そんなオッサンをも虜にして離さない『まどか☆マギカ』の魅力とは何なのか? 以下、中年男たちが激白する。

「最後にね、友情がね、奇跡を起こすんですよ……」と切なげに語るのは、精密機械メーカーで営業職の中山亨さん(仮名・38歳)だ。

「まどかとさやか、まどかとマミさん、さやかと杏子、いろんな組み合わせの友情が描かれますが、すべて過酷な運命に翻弄され報われない結果を迎えます。でも、まどかとほむらだけが最後の最後に奇跡を起こす。しかも、まどかは因果を受け入れ、せっかく成就した友情という絆をも軽々と乗り越えてしまう。なんか、その奇跡に立ち会えたことに感謝したくなるんですよ」

ほむらとまどか

二人の友情が世界を改変する!


保険会社に勤める斉田哲治さん(仮名・42歳)は「僕も、まどかのように取り柄がないんですよ。『僕には何ができるんだ?』って、ずっとそういうふうに悩んでいました」と告白する。

「いわば凡人であるまどかが、選択を繰り返し何かを得たり失ったり。だからこそ最後の選択に心が震えるわけです。お母さんが背中を押してくれるシーン、歴代の魔法少女たちを慰撫するシーン、あぁ、もう目から汗が……。あ、でも、杏子も好きですよ」

杏子

嗚呼、杏子!!


「まどかの行為は滅私のようで、その実、愛する人たちとの関係性を内包し続けるという自己愛で、本人もそれに自覚的」と気難しい顔で語るのは高城亮さん(仮名・34歳)。

「周囲や視聴者が感じがちな悲しみは、『忘却されること』が『死』と近似的だからだろうけど、彼女は死んでいないので、本人は案外平気だと思う。宗教、倫理規範のない日本におけるボランタリズムのあるべき姿にも通じ、『ボランティアが好き』と言うたびに周囲に怪訝な顔をされてきた自分を肯定してくれた気がするんです」

聞けば、社会学者の宮台真司氏、評論家の宮崎哲弥氏、幹細胞生物学者の八代嘉美氏といった“知の巨人”たちも同様に『まどマギ』にハマっているというではないか。そこで、彼らにも現在発売中の週刊SPA!7月19日号で縦横無尽に語ってもらった。

最後になってしまったが、某氏の印象的な言葉を紹介しておこう。

「ループ前のほむらもいいし、眼鏡のほむほむも……いい。……選べない」

もう何も怖くない。

ほむら

まどかの記憶は託されたリボンに刻印されている!



文/犬飼孝司(本誌)
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

⇒詳しくは週刊SPA!6/19号にて(電子雑誌版も発売中)
※お手持ちのPC・スマートホンから、購入・試し読み・目次の閲覧ができます

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中