ライフ

最強家族と出会った「葛飾区お花茶屋」の夜/清野とおる×パリッコ

『ウヒョッ!東京都北区赤羽』(双葉社)第6巻をもって長年のライフワークともいえる赤羽シリーズを完結させたと思ったら、人気タレントである壇蜜との結婚報告で世間を騒がせまくっている漫画家、清野とおるお花茶屋 そんな人生のお祭り騒ぎの真っ最中である2019年末。古くからの飲み仲間である酒場ライターのパリッコと、「赤」以外の色の名前がつく駅や街でただただ飲み歩くだけの当連載は、取材日が結婚発表前だったこともあり、平常運転でお送りします~。  さて、今回の舞台は葛飾区「お花茶屋」。2人とも初めて訪れるこの街には、どんな店や人との出会いが待っているのだろうかーー。

予想に反して寂しげな駅前から徘徊をスタート

お花茶屋

京成電鉄本線「お花茶屋」駅前

パリッコ(以下、パリ):お花茶屋、初めて来ました。勝手に「花やしき」とか「堀切菖蒲園」みたいな派手な感じを想像してたのですが、なんとも静かな街ですね。 清野とおる(以下、清野):確かに、もっとメルヘンでファンシーな駅を想像してました。きっと駅を降りた瞬間に、胸が小躍りするようなモノであふれかえっているんだろうなって。最低限、お花畑くらいは広がっているんだろうなって。 パリ:うんうん。ただ、想像とは別の意味で、我々がワクワクしてしまうような雰囲気ではあります。
お花茶屋

独特な空間

お花茶屋

ほとんどシャッターの閉まった飲み屋街

お花茶屋

中の様子がわからないスナックがちらほら

お花茶屋

想像とは別の意味で胸が小躍りする外観の店

お花茶屋

高速度直線機? なんだかわからないけどかっこいい!

 ※コイル状の線材を真っ直ぐに矯正し、所定の長さに切断する機械のこと。医療用器具(注射針等)から建築用鉄材まで幅広い分野で利用されているのだとか。
お花茶屋

「手がかりの少ない街だな〜」

1軒目:昔ながらの大衆酒場「F」

 どこか怪しい味わいのある街並みを堪能しながら駅周辺をひととおり散策してみていると、やがて、古い飲み屋やスナック、商店が密集した、我々好みのエリアが突如あらわれた。ここしかない! と、その中の一軒の酒場に入ってみることにする。今思い返せば、この夜お花茶屋で出会ったすべての役者は、この局地的な一角に揃っていたのだった。
お花茶屋

「ここしかない!」

お花茶屋

今夜も編集井野氏と3人、ビールで乾杯

お花茶屋

食べるのは子供の頃以来かもしれない「キャラメルコーン」がお通し

お花茶屋

「キャラメルコーンってこんなに美味しかったっけ?」と、写真どころではない清野氏

清野:なんというか、絵に描いたようなコワモテの、あっち系の大将ですね(笑)。写真をお願いするのもこわいし、いっそ絵に描いてやろうかな!
お花茶屋

「というわけで、描きました」(清野)

パリ:ほんとですね! ……あれ? 井野さん唇から血が出てません? 井野:すいません。あの大将を見てたら緊張したのか、唇を噛んでしまいました。 清野:うわー! けっこうダラダラ出てますよ、井野さん! 何かあったら俺が死ぬ気で助けるので、その隙に逃げてください! そして僕の死に様を後世に語り継いでください! 井野:ありがとうございます。しかしまさかこの連載で流血することになるとは……。
お花茶屋

それはそれとして、つまみはどれも絶品だった

お花茶屋

驚くほど新鮮なマグロ

次のページ 
2軒目:アサヒ食堂
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事