AV女優のメガネ姿も拝める「ROMケット」フォトレポート

ROMケット,有村千佳

有村千佳

 6月30日、コスプレROM即売会「ROMケット」が開催され、個人サークルで参加したコスプレイヤーだけでなく、多数のAV女優が集結し、盛り上がりをみせた。会場では、コスプレ写真が収録されたROM、いわゆるコスプレROMの即売がおこなわれており、ROMの購入枚数や内容に応じて、その場で1分~3分程度の撮影が行えるというシステムとなっている。

 広い会場内では、コスプレ姿のまま他のレイヤーのブースを見てまわる人も多く、全体的に和気あいあいとした雰囲気のなか、休日を楽しむ姿がみられた。そのなかで、ひときわ熱気を放っていたのが、AV事務所が集まってつくられた「SENZAI.TV」のAV女優イベントエリア。AV女優のデジタル写真集などのROMを購入すると参加できる撮影会は、今まで見たこともない雰囲気となっていた。

ROMケット

Senzai.jpブース撮影会

 撮影会は、20cmほどの低いステージに2人ずつ登場し、2人を取り囲むかたちで20名以上の参加者が熱心にシャッターを切っていた。参加していた女優は、知花メイサ、奥田咲、美咲結衣、姫野あみゅら人気AV女優たち。彼女たちから1mほどの至近距離で「2人で絡む感じで」や「ちょっとメガネかけてみて」など、女優と会話しながら自由度の高いリクエストが出ていた。熱気はすごかったが、時間に余裕があったこともあり、撮影者同士が場所を譲りあうなど、紳士的な態度もみられた。

⇒【画像】AV女優イベントエリアの様子
http://nikkan-spa.jp/468770/romke0630_01


 また、他エリアでも参加者同士が場所を譲り合い、撮影を楽しんでいた。このようなイベントでは背景が殺風景でワンパターンになりがちだが、背景になるような柄布がパネルに垂らされており、運営スタッフの気遣いが感じられた。

 ROMケットは、以前から公式Webサイトで「コミケで発禁となりました作品は是非ROMけっとにご相談下さい」と謳っており、多様な表現を受け入れてきた。今年も夏のコミックマーケットと同期間(8月10、11、12日の3日間)、隣の会場にてROMケットが開催される。

 ROM即売会は、ほかにも「コスホリック」や「フェチフェス」などが、それぞれまた違った雰囲気で開催されている。そのなかでも、ROMケットは特にコミケを意識した立ち位置であるように思えるが、多様なニーズに応え新たな取り組みに挑戦しているイベントという印象をうけた。この夏、コスプレに少しでも興味がある方は、コミケ、そしてコスプレROM即売会の世界をのぞいてみてはいかがだろうか。

⇒【画像】厳選美女レイヤー http://nikkan-spa.jp/468770/romke0630_10

<取材・文・撮影/林健太>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中