LINEは不倫の導線になっていた

line,30代, 不倫, 女の生態, 恋愛・結婚, 浮気, 男の生態

LINEほど不倫に便利なツールはなかった!?

 Facebookやtwitterに変わり、いまやLINEがコミュニケーションの主軸となっている人が多いはずだ。

 LINEの登場によって、男女の出会いの在り方もまた激変している。とりわけ不倫関係において顕著だと語るのは、コラムニストの“たもちん”こと田母神智子氏だ。

「私の周りでも、不倫しているコは多い。今の女のコって、どこからが不倫かよくわかってなくて、奥さんがいる人とセックスすることは不倫だという自覚が薄いんです。『いいオトコは結婚しているものだから、既婚者なのは当たり前』くらいにしか思ってない。そんな考えを持つ若いコにとって、携帯番号よりも気軽に交換できるLINEが不倫の導線になっていることは間違いない。そもそも女性は過去を振り返らない生き物だから、自分から連絡することは少ないけど、連絡が来れば別。そのタイミングで自分に彼氏がいなかったり、寂しかったりすればなおさらで、相手に奥さんがいようが彼女がいようが気軽に関係を深めてしまう女性は多いですよ」

 事実、不倫経験者限定で100人に調査したアンケートでは、好意を持っている男性からLINEで突然コンタクトがあった場合、実に87%の女性が「返信する」と回答している。そこには、LINEならではの“ノリの軽さ”も影響していると田母神氏は語る。

「普段は連絡をとるのが憚れるような人でも、LINEならオッケーみたいな話はよく聞きます。会社の上司とか、友達の旦那とか……後ろめたさが打ち消されるのかも。あと、使ってるスタンプで性格もだいたいわかるから、相性のいい人と親密になりやすい。LINEきっかけで既婚者とカラダの関係を持ってしまう女のコは、私の周りにも結構います」

 どうやら男性目線ではなかなか見えてこない効用がLINEにはある様子。週刊SPA!7月30日発売号では「LINEで不倫 オンナ100人の驚証言」という特集を組んでいる。[LINEで不倫]を実践する女性のナマの声を知りたい方はぜひチェックしてみてほしい。 <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/ヤナガワゴーッ!>

週刊SPA!8/6号(7/30発売)

表紙の人/すみれ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中