発毛の専門医が明かす「髪にいいアイテムBEST3」

麻生 泰氏

麻生 泰氏

 アラフォーともなると、容姿にも大きな変化が訪れる。その最たる例が髪の毛で、世の中には育毛や発毛関連グッズで溢れかえっている。だが、かえって困惑しているのは私たち消費者なのかもしれない。AGAスキンクリニック統括診療部長として、日々薄毛の治療にあたる麻生泰氏が語る。

「近年ではネットなどで簡単に情報を得られるようになったため、発毛治療に訪れる患者数は増加傾向にあります。ただ一方で、デタラメな情報に踊らされてしまい、全く効果のない市販の商品を掴まされている人もまた、少なくありません。’14 年には厚生労働省が広告のビフォーアフター写真の掲載を禁止する可能性が非常に高く、これではかえって文字情報に惑わされて騙される人が増える懸念もあります」

 不確かな情報に騙されないためにも、プロのチョイスを聞いておきたいところ。洗う・塗る・飲むの3カテゴリーに分け、有効な商品を紹介してもらった。まずは、“洗う”のシャンプーだ。

「髪の毛というのは、洗い方で抜け方が大きく変わってきます。ですから、洗い方はとても大事。弱った髪は爪を立ててゴシゴシ洗うと、当然抜けてしまう。頭皮は“泡で洗う”ことが大切なんです。『頭皮をあらうせっけんシャンプー』は、泡立ちがよく最適です」

RiupX5 大正製薬

RiupX5 大正製薬

 “塗る”の発毛剤では、発毛成分のミノキシジルが5%に増量された「RiupX5」をピックアップ。日本で唯一医薬品に分類されている整髪剤で、使用開始から約4か月で効果が表れるとも言われている商品だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/568458/cl2_131231_01

 最後は“飲む”発毛薬。

「『プロペシア』などですね。個人輸入で入手することもできますが、性的機能の衰えや肝機能異常などの副作用をもたらすものも少なくありません。なるべくなら医師の指導の下で服用されることをオススメします」

 効果には個人差があるが、薄毛とサヨナラできる日もそう遠くはないと信じたい。

★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”洗う系BEST3

1位:頭皮をあらうせっけんシャンプー(ミヨシ石鹸)

頭皮をあらうせっけんシャンプー

頭皮をあらうせっけんシャンプー

泡立ちがよく、髪の毛を摩擦刺激から守りながら髪の毛と頭皮の汚れを落としてくれる

2位:UL・OS(ウル・オス)大塚製薬
頭皮に優しい植物由来のアミノ酸系洗浄成分が配合されている。泡のきめ細かさも◎

3位:炭シャンプー(地の塩社)
炭シャンプーは泡立ちが良くないものも多いが、このシャンプーは別で、泡立ちも十分


★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”塗る系BEST3

1位:RiupX5(大正製薬)
発毛成分のミノキシジルが5%に増量され、強く太い毛の発毛が期待できる

2位:ロゲイン米国(ファイザー社)
RiupX5と同じ量のミノキシジルを配合。価格は安いが、海外通販を行う手間が必要

3位:カークランド(カークランド社)
米国ファイザー社の「ロゲイン」のジェネリック的存在。価格はロゲインよりもさらに安い


★発毛の専門医が選ぶ“髪にいいアイテム”飲む系BEST3
※代表的な薬ではあるが個人での服用にはくれぐれもご注意を!

プロペシア

プロペシア

1位:プロペシア
フィナステリドが含有されている、AGAの治療には欠かせない治療薬

2位:ミノキシジルタブレット
血管を拡張させて発毛を促すが、本来は血圧を下げる薬として用いられているため注意が必要

3位:デュタステリド
プロペシアと似た効果があるとして治療に用いられるが、副作用の報告も多い

【麻生 泰氏】
AGAスキンクリニック統括診療部長。自身も薄毛に悩んだ過去を持ち、著書に『間違いだらけの薄毛対策』(幻冬舎)がある

― 2013⇒2014(裏)流行ランキング【4】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中