人気グラドル今野杏南が官能小説家デビュー!?

今野杏南

“石原さとみ似”としても話題になった人気グラドル・今野杏南。書き下ろし小説『撮られたい』が4月15日に発売!

 清純派のルックスとは裏腹にFカップの豊乳、超絶エロい唇で人気沸騰中のグラドル・今野杏南が来月、小説家デビューするという。タイトルは『撮られたい』(TOブックス)。驚くなかれ、小説といっても、中身は過激な性描写満載の官能小説なのだ。

今野:小学生の頃、少女漫画家を目指していて、絵を書いたり、物語を作ったりするのが大好きな子でした。漫画家は途中で諦めてしまいましたが、本や漫画を読むことは今も変わらず好きで、本屋にもよく立ち寄るし、バッグにはいつも何かしらの本が入っていたりします。官能小説も本の1つとして日頃から普通に愛読していたんですが、去年、大石圭さんの官能小説『躾けられたい』のカバーのお仕事をさせて頂く機会がありまして。その撮影のときに、私も官能小説を読んだりしてるんだとスタッフの方々に話したところ、とてもビックリされると同時にかなり盛り上がって、その一連を見ていたマネージャーさんの思いつきで、好きなら書いてみたらと勧められたのがきっかけですね。その後は、書ける書けるとおだてられ、周りから固められ、最初は「私の本職はグラドルなのに……」と、なかなか腑に落ちない時期もありましたけど、徐々に気持ちも乗ってきて、結果10か月もかかっちゃいましたけど、自分の思い描く作品を書き終えることができました。

「思いついたフレーズやストーリーをすぐに書ける状態でいたかったから」とiPhoneですべてを書いたという今野さん。撮影など仕事の合間を縫って書き上げた力作が『撮られたい』だ。グラドルとカメラマンの禁断の愛がテーマ。官能小説ゆえ、もちろん激しいセックスシーンがウリだが、決してそれだけではない。現役グラドルだからこそ書ける“リアル”が本書には詰まっている。

今野:最初はセックス描写を書くことに、やっぱり抵抗や恥ずかしさがあって、なかなか書けずにいました。だけど、いざ書いてみたら、それがとっても楽しくて。実は、全体の中でも一番すんなり書くことができたんですよ。読者の方の中に、主人公と私を重ねて読むファンもいらっしゃると思うと、恥ずかしいですね。でも、そうやって読んでもらえるのも、この本ならではの楽しみ方だと思います。現役グラビアアイドルである私が、グラビアアイドルの女のコをリアルに描きました。良くも悪くもグラビアの世界だったり、グラビアだけではない芸能の世界を少しでもわかりやすく描いたつもりです。カメラマンとグラビアアイドルが“どうにかなる”という話は完全に杏南の妄想ですけど(笑)。グラビアの女の子ってこういう気持ちなんだとか、普段こんなことをしているんだとか、読んで、感じて欲しいです。

 ファンならずとも、男性にとっては垂涎ものの出来ばえ。しかし彼女は、「女性にも読んでほしい」と強調する。

今野:一般的なドロドロとした官能小説ではなく、多くは日常的な女のコの甘くて切ない恋のお話です。なので、男性の方はもちろんですが、同性である女性の方にも少女漫画を読む様な気持ちで、気軽に手に取って頂き、共感してもらえたら嬉しいです。官能小説というジャンルに興味はあってもなかなか手を付けられずにいる女性にとっての入門書的な役割も担えたらいいなあと思ってます。

 この『撮られたい』を読んだうえでグラビアを鑑賞すると、そこにはまた新たなる“快感”が待っている。グラビアファン必携の一冊となりそうだ。

【今野杏南】
こんのあんな ’89年、神奈川県生まれ。T156 B86 W59 H83。最新DVD『あんなお姉ちゃん』(竹書房)が3月22日リリース。最新情報は公式ブログ「あんなっぷる」でチェック!

<取材・文/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中