まぶしすぎる太ももが集結「春のニーソ祭」フォトレポート

春のニーソ祭

春のニーソ祭

 3月21日、日本ニーソックス協会(以下、ニーソ協会)によるイベント「春のニーソ祭」が、ニフティ運営のイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」にて開催された。ニーソ協会は、2013年10日に結成されたカメラマン、エンジニアらによる団体で、同名サイトではニーソ美女画像が掲載されている。イベントでは、6人のニーソモデルらによるトークショー、ニーソモデルの公開オーディションが行われ、会場に詰めかけた多くのニーソファンを萌え尽くした。

 6人のニーソモデルのなかには、アイドルグループ『BiS』の元メンバーで現在ソロ活動中の“ゆっふぃー”こと寺嶋由芙、ニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリなどで活躍中の「れいちぇる」の姿も。ステージ以外でも物販ブースでファンと交流を楽しんでいた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/609844/kneeso_02

 ニーソモデルの公開オーディションには、Twitter一次審査を勝ち残った9人と会場飛び入り参加の1人の計10人が登場。自己PRタイムでは、ニーソ愛を熱く語る参加者もおり、あらためてファッションアイテムとしてのニーソ人気を感じることができた。オーディションの結果、来場者による投票で「のな」さん、会長賞「大空れん」さん、カメラマン賞「真中しおり」さんがそれぞれ選ばれた。

ニーソモデルオーディション

ニーソモデルオーディション参加者

 会場から最も愛された「のな」さんは、アニメ『らき☆すた』の楽曲『かえして!ニーソックス』の弾き語りを披露。かわいらしい歌声だけでなく、何度もずれ落ちるサスペンダーを慌てて直す仕草や、手で口を覆って内股で照れる仕草にクラっときた来場者が多数だったようだ。

 会長賞の「大空れん」さんは、自作のオリジナル衣装で登場。選出理由について、ニーソ協会・会長の三橋さんは、「コスプレにおいてニーソは定番アイテムの一つです。そこにオリジナル衣装・オリジナルキャラというのは、今までに無いとても面白いアプローチだと思い、選ばせて頂きました」と語っていた。

 カメラマン賞の「真中しおり」さんは、自称「マシュマロ女子」で、好きな食べ物は「マグロ三貫盛」。自己PRでも寿司トリビアを披露した。選出理由について、ニーソ協会・カメラマンの本山さんは、「自己PRでの『あ、告知なんですけど』の一言で会場が盛り上がった。撮影の時も楽しいかなと思い、面白さ基準で選びました」と語っていた。

 ほかオーディション参加者も個性的で、各々が自身のニーソ姿を堂々と披露し、会場は終始あたたかい雰囲気に包まれていた。今まであるようでなかった「ニーソ協会」。ウェブ上だけでなく、リアルイベントでの盛り上がりには正直驚かされた。今後も続いていきそうなニーソ協会だが、会長はどれほどのニーソ萌えなのか? あらためてニーソ愛を確認してみた。

「ニーソは女のコだけに許された魔法だと思っています。様々な丈、柄、素材。合わせる衣装によってキャラクターが変わるこんなに面白いアイテムはなかなか無いと思います。また、下がってきたニーソを引っ張り上げる仕草、膝上の締め付けによって乗ってしまうお肉など、ニーソそのものとは関係のない色々なところに萌えを感じることができるのも魅力の一つだと思います」

 イベント中、ニーソモデルを見つめる三橋さんの眼差しは、あたたかく、そして真剣であった。最近では、「『今日はこんなニーソを履きましたよ!」ってTwitterで見せてくれたり、『ニーソ協会を知ってからニーソが好きになりました!』と主役である女のコからそういった意見を頂けるのはとても嬉しいですね」と、ニーソ女子からの注目も高まってきているようだ。今後も素晴らしいニーソ女子の発掘に期待したい。

<取材・文・撮影/林健太>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中