BIGBANGのD-LITEに学ぶ「宴会芸と宴会のもてなし術」

― SPA!記者・ドンがお届けする夜遊び情報 ―

 アジアを代表する超人気モンスターグループのBIGBANG。そのメンバーの一人、“宴会部長”の異名を取るD-LITEが、10月末に新曲をリリースしたと聞いたのは、馴染みの飲み屋のBIGBANGラブな女将さんから。

「ちょっとドンちゃん、あんたも “でぃらいと”ちゃんに取材でもして、ちょっとは盛り上がれるカラオケでも覚えたらどうなんだい」

 早速、ツアーで来日中のでぃらいとちゃんこと、D-LITEにダメ元でお願いしてみたところ……なんと二つ返事でOK!

◆飲んで、歌って、踊る!これが正しい宴会スタイル!

BIGBANG D-LITE

生歌&生ダンスでみんな大興奮。ダンスをマスターしたければ、現在開催中の「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015“X”」に足を運ぶのも手

「韓国ではね、集まって飲み始めるとすぐに歌って踊り始めるんですよ。もう、毎日が“忘年会”です」

 と言うやいなや、モデルのコたちと新曲「ナルバキスン」を歌って踊り始めたD-LITE。乾杯もしていないのにテンション高すぎ。

「ナルバキスンは、僕を見ろ!って意味。だから、『僕を見て!』って思いながら歌うと盛り上がるんですよ! さ、飲んで踊って!」

 このナルバキスンは、トロット(ポンチャック)と呼ばれるアップテンポな韓国歌謡曲仕立てになっており、かなりノリがいい。どこか懐かしい曲調に思わず思い出したのは、ポンチャックの教祖、李博士。

BIGBANG D-LITE

ミニアルバム『でぃらいと』が好調のD-LITE。「『THE BEST OF BIGBANG』も発売中」と宣伝に余念なし!

「あと、韓国の女性をキュンとさせたいときは、尾崎豊さんの『I Love You』。みんな知ってます。女性の目はトロンとなるはず(笑)」

 そんな宴会部長の助言に従い、女のコにしなだれかかりながら「アイラ~ブュ~♪」と囁いてみると……。

「ドンさん、女のコが嫌がることはNG! 日本も韓国も一緒よ!」

BIGBANG D-LITE

女のコが嫌がることは宴会で絶対にNG!と最後に叱られて思わず背筋が伸びた

 叱られたところでタイムアップ。盛り上げ方のみならず、礼儀作法まで叩き込まれたドンでした。

◆ナルバキスンのダンスを覚えて年末年始の宴会でスターになる!

⇒【図解】ナルバキスンのダンスの振り付け講座 http://nikkan-spa.jp/763095

【Luxury Bar ROGERIO】
愛知県名古屋市中区錦3-4-26 K2ビル3F
電:052-963-0008
営:19時~翌5時
料:チャージ ラウンジ&カウンター・男性1000円、女性500円 個室・お一人様30分500円(※サービス料別途10%が必要)
タレントからスポーツ選手まで幅広い層のVIPが通う、イタリアンとカラオケが楽しめる隠れ家的なお店

撮影/糠澤武敏 取材協力/Luxury Bar ROGERIO

でぃらいと

BIGBANGのD-LITEが日本の忘年会シーズンを盛り上げる!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中