新手のボッタクリ店『飲め飲めキャバ』の手口

庶民は一向に景気上昇を実感できぬまま。しかし、それをあざ笑うように懐を肥やす人々。その周りにはその「甘い汁」を吸おうと魑魅魍魎が跋扈、裏稼業の面々だ。彼らはどういった人間に寄生しカネを稼ぐのか、追った!

<飲め飲めボッタクリキャバ>
女が勝手にガンガン飲みまくる。30分滞在で数十万円の請求も


飲め飲めボッタクリキャバ「最近、新宿・歌舞伎町で『飲め飲めキャバ』と呼ばれる新手のボッタクリ店が横行しています。裏で客引きグループが経営しているのが特徴です」

 歌舞伎町事情に詳しい元キャバクラ従業員のC氏が内情を明かす。

「手口は単純。女のコが1杯5000円ほどのワインを勝手に飲みまくるのです。加えてサービス料とカード手数料がそれぞれ40%ずつ付くので、気づけば数十万円の高額料金になるというわけです」

 驚くことに、C氏が働いていた店では一日平均300万円の売り上げを叩き、時には1000万円以上の暴利を貪っていたという。現金がなければカード、カードもなければATMへ連行。それでもダメなら実家を調べあげ、親にカネを工面させてまで払わせていた。

 女のコの胸に触ろうものなら「お触り料」を徴収。抗弁し、客が暴力をふるえば、警察に駆け込んで示談金をせしめる……。キャバでありがちな“おイタ”もボッタクリの“オプション”として機能させていたという。この手口、法令的に大丈夫なのだろうか?

「料金をメニュー表に明記しているので問題はありません。法令を遵守していれば民事不介入で警察は手が出せないことを店側も知っていて、慣れたもの。支払わないとなれば明細片手に客を警察に突き出してしまうのです。警察も料金設定までは関与できないので、泣き寝入りをするしかない(笑)」

 こうC氏はうそぶくが、最近は当局による摘発が相次いでいる。今月1日にも「1杯5000円のワインを30杯以上飲んだ」として監禁。「8割払わないと解放できない。若い衆に代わるが、何をするかわからない」などと脅し、27万円を支払わせた疑いで「XENO」の従業員らが逮捕されたばかりだ。

「だから最近は、パクられないようにどこも延々と話し合う“マイルド路線”に切り替えたよね。もう、交番の前で2時間3時間の押し問答なんて日常茶飯事。警察も誰も助けてくれないとなれば客は大抵観念しますよ(笑)」

<一日の売り上げ/300万円以上>
飲め飲めボッタクリ店の繁盛ぶりから手口を模倣する新規店が後を絶たない。なかにはワイン1杯9000円の悪徳店も。ひと口で飲み干せるほどの少量しか入っていない

取材・文・撮影/裏稼業成長戦略会議
― [裏稼業の給料]公開 2014年版【4】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中