トヨタ・カローラとホンダ・シャトル。ライバルでもクルマの出来は雲泥の差

話題のクルマの与太話。前編の「その1…ハイブリッドはムダ!」「その2…それでもハイブリッドが売れる!」の続きです

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

カローラとシャトル

ハイブリッドモデルは、カローラ・フィールダーが219万5345円~(JC08モードでリッター33.8km)、シャトルが199万円~(JC08モードでリッター34km)。まさにガチンコの2台でした

◆非実用的視点からカローラとシャトル、大衆車のど真ん中を比較してみました

<与太話その3>カローラとシャトルじゃクルマの出来が雲泥の差!

 カローラはかつて日本一売れるクルマで、今でも世界一売れてるが、日本のカローラは5ナンバーの国内専用車で、ヴィッツをベースにしている。そのせいかデキが良くない。

 カローラは2年前にハイブリッドが追加されてから売れ行きが大幅に回復したが、走りはかなりイマイチなままだ。ハンドルは曖昧だし足回りも古臭い。アクアから移植されたハイブリッドシステムは、渋滞では無敵だが飛ばすと超退屈だ。

 対するシャトルはデキがすこぶるイイ。足回りはしなやかで乗り心地良好。ハイブリッドシステムもアクセルを踏んだ時のパワーの盛り上がりや吹け上がり感が気持ち良く、リコール続きだったDCTも小気味よく変速する。

 D級ドライバーの本誌担当Kでも違いがわかったくらいなので、その差は巨大だ。でも本誌読者にはどうでもいいことだろう。すまぬ、実用的なことを書いてしまった。

<与太話その4>どっちもカッコ悪い

 カローラといえば凡庸の代名詞。マイナーチェンジでかなりアグレッシブな顔になったが、それでも大元の凡庸さは隠せず、ヌルいプロポーションはよく言えばガテン系でそこが救いか。

 対するシャトルは高級路線を狙ったものの、デザインをこねくり回しすぎてグチャグチャしている。私の購入対象としてはどっちも落第。アクアの代替としてシャトルを有力候補に考えていたので本気で残念だ。ラゲージも広くて使い勝手抜群なのに。

 というわけで、今回の対決は痛み分け。以上、今週の与太話でした。

【結論】
書ききれなかったのですが、自動ブレーキの性能は断然カローラのほうがいいようです。実際ぶつけてみたわけじゃありませんが。あ、また実用的なことを書いてしまった。ホントにどうもスイマセン。

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中