トヨタ・カローラとホンダ・シャトル。ライバルでもクルマの出来は雲泥の差

話題のクルマの与太話。前編の「その1…ハイブリッドはムダ!」「その2…それでもハイブリッドが売れる!」の続きです

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

カローラとシャトル

ハイブリッドモデルは、カローラ・フィールダーが219万5345円~(JC08モードでリッター33.8km)、シャトルが199万円~(JC08モードでリッター34km)。まさにガチンコの2台でした

◆非実用的視点からカローラとシャトル、大衆車のど真ん中を比較してみました

<与太話その3>カローラとシャトルじゃクルマの出来が雲泥の差!

 カローラはかつて日本一売れるクルマで、今でも世界一売れてるが、日本のカローラは5ナンバーの国内専用車で、ヴィッツをベースにしている。そのせいかデキが良くない。

 カローラは2年前にハイブリッドが追加されてから売れ行きが大幅に回復したが、走りはかなりイマイチなままだ。ハンドルは曖昧だし足回りも古臭い。アクアから移植されたハイブリッドシステムは、渋滞では無敵だが飛ばすと超退屈だ。

 対するシャトルはデキがすこぶるイイ。足回りはしなやかで乗り心地良好。ハイブリッドシステムもアクセルを踏んだ時のパワーの盛り上がりや吹け上がり感が気持ち良く、リコール続きだったDCTも小気味よく変速する。

 D級ドライバーの本誌担当Kでも違いがわかったくらいなので、その差は巨大だ。でも本誌読者にはどうでもいいことだろう。すまぬ、実用的なことを書いてしまった。

<与太話その4>どっちもカッコ悪い

 カローラといえば凡庸の代名詞。マイナーチェンジでかなりアグレッシブな顔になったが、それでも大元の凡庸さは隠せず、ヌルいプロポーションはよく言えばガテン系でそこが救いか。

 対するシャトルは高級路線を狙ったものの、デザインをこねくり回しすぎてグチャグチャしている。私の購入対象としてはどっちも落第。アクアの代替としてシャトルを有力候補に考えていたので本気で残念だ。ラゲージも広くて使い勝手抜群なのに。

 というわけで、今回の対決は痛み分け。以上、今週の与太話でした。

【結論】
書ききれなかったのですが、自動ブレーキの性能は断然カローラのほうがいいようです。実際ぶつけてみたわけじゃありませんが。あ、また実用的なことを書いてしまった。ホントにどうもスイマセン。

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com





おすすめ記事