スマホは「出先で充電」がネオスタンダード!?

スマホの充電場所は「ベッドサイド」が定位置だという、そこのあなた。人知れずストレスに悩んでいないか? 充電環境を改善すれば、あなたの毎日はもっと快適になる!

◆「フル充電」にこだわらず、「出先で充電」がネオスタンダード!

「僕自身は、日中使うスマホやタブレットは書斎で充電し、ベッドサイドには古いタブレットを1台置いています。使うときだけWi-Fi接続で、たいして電池も減らないので、ベッドルームでは充電していません。普段使わなくなった端末を有効利用するという手もあるのでは」と話すのは、おなじみモバイル評論家の法林岳之氏。

スマホの充電。家でする?出先でする? 続けて法林氏は、「そもそも、一晩中充電する必要はないかもしれませんよ」と、ベッドサイドでの充電について発想の転換を促す。

「ドコモの『急速充電2』対応機種なら30分でゼロの状態から50%くらいまで充電できますし、少し前の『急速充電』対応機種でも、1時間で50%くらい充電できるので、起きてから充電しても、家を出るまでに十分間に合います。新しめの端末を持っていれば、ベッドサイドのケーブル問題は、大方解決できるでしょう」

ベッドサイドの「スマホ置き場」問題を考えてみた

アクセサリーメーカーとして定評のあるcheeroからは、みんな大好き「ダンボー」とのコラボ商品も。3000mAh、4200mAh、10400mAhの3タイプ。Amazon価格2380円~

 そうはいっても、フルに充電しておかないと落ち着かない……。

「フル充電にこだわるのは、携帯電話時代からのモバイルユーザーに特有の“病”かもしれません。最近の若いコの間では、『なくなったら充電する』という考え方が主流で、彼らは常に充電器を持ち歩いています。ケーブルはコンビニや100均で入手し、断線したら買い替える……みたいなスタイル。『電源カフェ』というサイトでは、コンセントを貸してくれる全国の飲食店の情報が網羅されていますし、充電スポットに苦労することはないでしょう」

ベッドサイドの「スマホ置き場」問題を考えてみた

ドコモの新製品「kuruko」は、コンパクトな本体にケーブルをくるくる巻いて持ち歩ける。1.2mのケーブルは「新幹線で座って充電するのにちょうどいい長さ」だとか。2160円

 今夏、ドコモから発売されて好評を博しているポータブルACアダプタ「kuruko」も、そんなスタイルを意識したものとか。一方で、町中でモバイルバッテリーを持ち歩く人も急増中だ。

「リチウム電池の大容量モバイルバッテリーは、少し前まではヘビーなモバイラー御用達というイメージがありましたが、昨年あたりから製品のバリエーションがぐんと広がっています」

 タブレットも余裕で充電できる大容量モデルから、手のひらサイズでスマホ1台をフル充電できるコンパクトモデル、キャラクターコラボ商品まで、今ならよりどりみどりなのだ。

ベッドサイドの「スマホ置き場」問題を考えてみた

ジッポーを一回り大きくしたくらいのサイズで5200mAhの容量を実現したANKER製「Astro E1」(一般的なスマホのバッテリー容量は約3000mAh)。Amazo n価格1599円

「価格も1000~3000円台とお手頃ですし、個人的には『女のコにあげたら喜ばれるアイテム』として、今後さらに盛り上がっていくジャンルなのではないかと思っています(笑)」

 充電まわりの知識をアップデートし、自分にとっていちばん快適なスタイルを追求したい。

― ベッドサイドの「スマホ置き場」問題を考えてみた ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中