20~30代男女に聞いた「実写ドラマ化されて“満足”だったアニメ・漫画ベスト10」

『エンジェル・ハート』や『5時から9時まで』など、今期の連ドラでも人気漫画が相次いで実写化される。その流れはゴールデンにとどまらず、深夜帯にも『いつかティファニーで朝食を』『孤独のグルメ』など、コミックの原作が定番だ。

ドラマ 例えば今期の実写化では、かつて『釣りバカ日誌』のハマちゃんとして愛されてきた西田敏行が、スーさんを務めるという仰天配役で世間を驚かせている。

 コミック原作の実写化は吉と出るか凶と出るか――原作ファンを多く抱えるアニメ・漫画の実写化はいつでも話題となる。そこで今回は、20~30代の男女500人を対象に「ドラマとして実写化されて満足だったアニメ・漫画」関するアンケートをgooランキングで実施。そのランキングは以下の通りだ。

===============
●実写化されて満足だった「アニメ・漫画」ランキング<ドラマ編>

1位:のだめカンタービレ……12.2%
2位:デスノート……9.8%
3位:GTO……9.6%
4位:孤独のグルメ……7.4%
4位:今日は会社休みます。……7.4%

6位:花ざかりの君たちへ……7.1%
7位:LIAR GAME……6.2%
8位:怪物くん……5.5%
9位:信長協奏曲……5.2%
10位:闇金ウシジマくん……5.1%

※20〜30代の男女各250名が回答
===============

 ドラマ編で1位となったのは『のだめカンタービレ』だ。漫画だからこそ描けるコミカルなタッチや、主人公のだめの独特なキャラクターは、実写化が発表されたタイミングで多くの人から「期待できない」という声が上がっていたが、いざ放送されたところ、漫画の世界観が忠実に再現されており、のだめを演じた上野樹里の演技力は高く評価された。「漫画では耳にすることができなかった実際のオーケストラの演奏も聞け、実写版のよさを感じられた」という意見もあるように、漫画に描かれた音楽を再現できるというのは実写化の醍醐味だろう。

 2位に輝いた『デスノート』も、原作の設定を大胆に変えたことから原作ファンから厳しい意見が飛んだり、劇場版と比較されたりして当初は酷評されることが多かったが、平均視聴率は11.6%と健闘する結果に。「想像していたよりも意外によかった」と感じる視聴者が多く、若い世代からは2位と高い支持を得た。

DEATH NOTE

ドラマ『デスノート』公式サイトより

 上位を見ていると、二枚目俳優が主演の作品が多いことに気づくだろう。以前実施したアンケートは男性を対象としていただけに、福士蒼汰や松田翔太、小栗旬といった存在感のある俳優のドラマが女性の支持を得ていることがわかる。

 ゴールデン帯のドラマが上位を占めるなか、唯一深夜帯で5位以内にランクインした『孤独のグルメ』は、現在シーズン5が放映中だ。ドラマに先駆け18年ぶりの原作コミックの新作も発売され、松重豊が演じる主人公の五郎が黙々とグルメを味わうストーリーは、深夜の“飯テロ”として熱狂的な人気を得ているようだ。

 10月期の連ドラがいよいよスタート。今期はどういった作品が評判を呼ぶのか楽しみにしたい。

【調査概要】
■意外と実写版も良かったアニメ・漫画ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/026/-1vkpsVeTjpA/
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
調査期間:7月28日~31日
有効回答者数:500名(20〜30代の男女各250名)
出典元:gooランキング <文/北村篤裕>


●18年ぶりに待望の第2巻が発売!第1話を無料公開中

孤独のグルメ2

10月2日から実写化ドラマが放映中!

孤独のグルメ 巡礼ガイド2

原作コミックスと同時発売

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中