美女と出会うにはやっぱりクラブ「少し浮いてるくらいのOLが狙い目」

 女性が開放的に夜を楽しむ場所といえば、クラブ。風営法によりシーンの衰退化が叫ばれるなか、「美女と出会う」ことに主眼を置くなら、まだまだ健在のようだ。

麻布十番にあるELE TOKYOが今アツい

亜子さん。麻布エリアで飲食店業に従事。「本当はテクノやトランスが好き。でも流行ってるしEDM系のイベントにもつい行っちゃいます」

「麻布十番にあるELE TOKYOが今アツい。クラブによっては常連客が固まって幅をきかす鼻持ちならない箱もありますが、ここは違う。おそらく店の方針なのでしょうが、むしろ一見に優しく常連客を作らない雰囲気さえあります。少し浮いてるくらいのOLが狙い目です」と語るのは、広告代理店勤務のアラフォーナンパ師・えびりん氏。

 ここでは手っ取り早くモテるための必殺ツールが存在する。VIPルームだ。

「1人3万円ほど払えば、誰でもVIPルームに陣取ることができます。ここにいると女の子に声をかけやすいどころか、時にはスタッフが声をかけて連れてきてくれる。VIPはステータス、入りたがる女の子がほとんどで、入れ替わり立ち替わりのサーキット状態になります。ダンスフロアはうるさくて会話もままなりませんが、ゆったり和めるのもいい。値は張りますがそれだけの価値はある」

 3万円も払えない、という向きにはこんな裏技も。

「腕にそれっぽいリストバンドを巻いて、さもVIP客のようにふるまいナンパするんです。首尾良く連絡先が聞けたら、『ちょっと友達を介抱してくるから』とその場を去り、翌日連絡する。エアVIPです。これだけでも連絡先はバンバンゲットできますよ」

 1日で10人以上の美女と親しくなることもザラだというえびりん氏。VIP効果は絶大なのだ。11/10発売の週刊SPA!では「美女が集う穴場攻略ガイド」という特集で、「オシャレ系複合ビル」や「二毛作バー」など美女が出没するスポットをランキングで紹介している。上記のELEやV2 TOKYOなど「EDMが流れるクラブ」は第2位。ほかのスポットに興味がある方はぜひ本誌を。 〈取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/福持英助〉

週刊SPA!11/17号(11/10発売)

表紙の人/ 新川優愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中