PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。

第503回

10月25日『ゲームのじかん』


・ニコニコ生放送の番組『ゲームのじかん』が終わってしまったことが、木曜の夜に延々とやってたあの感覚がもう二度とないってことが、どうもまだ信じられないです。おっと、おいおい、ちょっと待ってよ、という感じ。

・その後、いろいろなメッセージを頂いて、自分が視聴者の皆さんと全く同じ寂しさを感じているということに気づいたりもしてます。僕は出演しながら、視聴者でもあったのでした。そして視聴者も、パソコンの前で、番組を見ながら、出演もしていたのですね。それがニコニコなのでした。

・さてこれから隠遁して小説に専念する、という判断が一番美しいのでしょうが、ゲームはまだまだ面白い時期が続くという確信があり、あと数年は本気で関わっていたいと思っています。小説を書くことだけでなく、ゲームの魅力を伝えていくことも自分にできる大切な仕事なのだと思うようになりました。しばらくは呼ばれたらどこへでも行き、そうやって放電しながら充電していきます。

・プレコミュではレギュラーで『お届け!「プレコミュ」Cafe』という企画をお手伝いしてます。公式なので正面から聞き、深く掘り下げることを目指してます。見てみてください。 →(プレコミュのグループ『お届け!「プレコミュ」Cafe』から)


10月30日「新番組」


・『2013年のゲーム・キッズ』スタートのこと、正式発表になった。これから特別なショートショートを毎週1本書き続けます。星海社のサイト「最前線」を注目していてください。

・そして毎週金曜日夜7時・星海社太田克史氏とニコニコ生放送で新番組を、はじめます。星海社アワーfeat.2013年のゲーム・キッズ。第1回目は11月9日(金) 19:00〜20:00。毎週書き下ろされる『ゲーム・キッズ』最新作を、旬の声優さんに生放送で朗読してもらう、という企画です。

・”声優”のアーティストとしての価値にスポットを当てるという目的もあります。なんといってもあの「朗読館」の星海社ですし太田さんですし、声優さんにとっても、これはガチンコ勝負の場になるかもしれません。

・出版の未来を企画そして実践してきたあの星海社「公開企画会議」も半年ぶりに再スタートします。この機会に例のことも話します。


10月31日「無断配信の件」


・『プラトニックチェーン』無断配信への対応、時間をかけ証拠と証言を記録しつつ、粛々と進めています。近年アジア各国で著作権モラルが徹底していった過程などをみるにつけ、ここはとても大事な局面とも思えるわけです。

・ここで一つ、再確認しておきます。プラトニックチェーンの原作著作者は僕で、アニメーションについても、僕の許諾がなければ配信も販売もできません。そして僕は今のところ、どこにも許諾していません。DVD販売など限定的に許諾していた時期もありますが、現在は完全に終了しています。すなわちここに明白な著作権侵害行為があり、ここに明白な著作権所有者がいる、ということになります。

・「著作権は渡辺ではなくどこか他の組織だか委員会だかが持っていて、今回の件はそこが正式に許諾した案件で、渡辺はそれを知らずに騒いでる」という情報を流している人達がいるようです。わざわざそんな嘘をつく理由は何なんでしょう。嘘を流してメリットがあるのは「誰」なんでしょうか。これも、合法的にそれが出来るようになった段階で、しらみつぶしに調査します。僕はしつこいですよ。

・それから「渡辺そんなに金がほしいのか」とおっしゃっている方々もいるみたいですね。金が目当てじゃないから民事じゃなくて刑事で、っていってるんです。今回の件でもし1円でも儲かったらどこかに全額寄付しますよ。

2012.11.03 |  第501回~

第502回

10月12日「2000年のゲーム・キッズ」


・新刊『2000年のゲーム・キッズ(上)』 (星海社文庫)、出ました!

・すぐ目の前にあるテクノロジーを日常生活に取り入れてみる、それだけでどんなことがおきるのか、おきてしまうのか、観察する。思考実験です。iPS細胞とか脳波インターフェイスとかクラウドコンピューティングとか。それぞれ、とても短い物語にしています。今回は、1990年代中期にゲーム雑誌に連載していた作品群に、同時期に書いた単行本未収録作品を数本加えてまとめています。ショートショートという形式にこだわって頭をかきむしっていた頃です。今だにショートショートという形式にこだわって頭をかきむしり続けているわけですが。

・かなり手を加えています。『1999年のゲーム・キッズ』はいくつかの作品のオチが変わってることに気づいてくださった方がいましたが、今回はそれどころではないものもあります。久しぶりの人にも、初めての人にも、懐かしく、あるいは新しく、読んでいただきたいです。ツイッターでの交流、ハッシュタグ#ゲームキッズで続けましょう。@kozysan で引き続きコメントやご質問ご要望に対応しています。

・さて今日は、紀伊國屋書店新宿本店に行ってサイン本作って来ました。お求めの方は、先に電話で取置きしてもらっとくといいと思います。店頭には書店員さん作成の素敵な「ゲームキッズ小冊子」も置いてあります。僕も『1999』の時に1部頂きましたが、今回、内容が更新されていました!



(遠方への配送もして下さっているようなので、地方の皆様も、紀伊國屋書店新宿本店の売場までまずはお問い合わせしてみてください)

・自分ち(中野ブロードウェイ4階のKカフェ)でのサイン会もいつかやろうと思っていますが、その時はどの本屋さんで買って持ってきてくださってもOKですし、そして (紀伊國屋さんとかで買って)既にサインの入った『2000年のゲーム・キッズ』を持ってきてくださった方には、追加サービスを考えますね。

・ゲーム・キッズ新シリーズ『2013年のゲーム・キッズ』はQRコードを使って徳島の街頭に1本放ったりしつつ( “マチ★アソビのゲーム・キッズ”=写真)いよいよ10月30日、本格始動です。その後、ニコニコ生放送も始めます。星海社のサイト「最前線」を注目していてください。




2012.10.13 |  第501回~

第501回

9月21日「TGS2012」


・TGS(東京ゲームショウ)。1日目はネット経由で情報を求め、2日目に現地に。しかしなんだか1日目の方が充実していたかもしれない。いい時代になったってことだね。



・これから行く人は朝イチでモンハン4の整理券をゲットしてから、コーエーテクモとバンダイナムコを早めに覗いてみるのがいいかな。コーエーテクモ『無双OROCHI 2 Hyper』『三國志12』、バンダイナムコ『鉄拳タッグトーナメント2 Wii U Edition』『TANK! TANK! TANK!』が、WiiU(ウィーユー)実機で試遊できたから。





・PS3とPS Vitaのクロスプレイ機能の進化も興味深い。一方でスマホやタブレットとテレビの連携においても様々なサービスが提示されはじめている。大小2つの画面の使い方が、今後のゲームのトレンドだと思う。目の前の大画面と、手元の小画面。

・この10年の映像革新とは、ケータイに画面がついたことと、テレビが薄く巨大になっていったことに尽きる。いつのまにか普通になっていた環境に、ゲーム的な発想からコンテンツを送り込むチャンスなのである。



・コンシューマーのメーカーとタイトルは、激減の印象。そもそも任天堂もマイクロソフトも出展していないし、ソニーにしても重要情報は別途プレスカンファランスをもって先出ししている。各ソフトメーカーも、今はネットでの情報提供と体験版公開でマニア層へのリーチは達成できてしまうわけで、出展の効果をはかることは難しくなっているようだ。

・ただし、ネットのおかげで一方この現場からの情報発信はとても盛んになっている。ニコニコ生放送やユーストリームは多くのブースやステージに入り込んでいて、擬似的に会場に参加できた地方のゲームマニアは少なくとも数十万人に達している。メーカーとしてはその波に乗れるだけでもここに参加する意義はあるだろう。そしてユーザーとしては、会場に行ける人も行けない人も、年に1度メジャータイトルを一挙に吟味する貴重な機会になる。

・個人的にはゲーム業界上げてのお祭りという形を目指してほしかったが、もうそれは望むべくもないだろう。としたら今後は、象徴化に向けて進化していくべきだと思う。ゲーム業界各社相乗りの「放送局」をイメージしている。それはテンポラリーなものでも、常設のものでもいい。


2012.09.22 |  第501回~

第500回

9月13日「『プラトニックチェーン』無断配信につきまして」 ・このツイートもとても大きな反響を頂きました。 exciteさん他各ニュースサイトにも取り扱われていましたので、ちゃんと説明しておこうと思います。 ・僕の原作に [...]

2012.09.12 |  第491回~

第499回

9月12日「小説ロボット」 ・このツイートも反響があったので、補足する。というかこの件については星新一トリビュート・アンソロジー『ひとにぎりの異形』に収録いただいた「これは小説ではない」を読んでもらいたいので、まず、その [...]

2012.09.12 |  第491回~

第498回

9月9日「自分の脳波をみる」 ・メルマガをやってみないかという話を立て続けに頂いて、ありがたく思っている。僕は当面やるつもりはないけど、小説以外の長い文章も読んで頂けるニーズがあるなら、どんどん書くべきだと考えた次第。取 [...]

2012.09.09 |  第491回~

第497回

5月10日「ただいま!」 ・渡辺浩弐の『ゲーム・キッズ』シリーズが、 星海社文庫から順次再刊されることになりました。 ・ツイッターアカウント@kozysan でご質問ご要望に対応していますので、ハッシュタグ#ゲームキッズ [...]

2012.05.27 |  第491回~

第496回

4月1日「ニコニコ超会議で」 ・4/28・29の「ニコニコ超会議」、面白そうだね。動画コミケとして、この場所がオリジナルコンテンツの源泉になっていくことを証明してほしい。 ・ユーザー主体であること、ネットとゲームの接点に [...]

2012.04.07 |  第491回~

第495回

12月17日「PSヴィータ」 ・朝6:00に新宿西口に。PSヴィータの行列だ。 ・そこでSCEのめんめんと会い、運よく(というかありがたくも)車に便乗させてもらえた。一緒に池袋、有楽町、秋葉原、……と、各地のゲームショッ [...]

2011.12.28 |  第491回~

第494回

9月30日「ファウストが出た日」 ・文芸誌『ファウスト』の新刊(Vol.8)、出た。3年振り。濃密かつ膨大。これ1冊を隅から隅まで読むことで文芸とポップカルチャーの現在を体に染み込ませることができるだろう。 ・僕も2本、 [...]

2011.10.12 |  第491回~