ご当地ヒーローの雄姿を見に、イベントに潜入!

ご当地ヒーローの雄姿を見に、イベントに潜入!
子供たちの笑顔を見られただけで、やってて良かったと、思います!


 多くのイベントが開催される秋。ご当地ヒーローも各地の催事への“出動”に忙しいようだが、東京都足立区の平和を守る超装甲ジオブレードが、さまざまなクリエイターが集うアートイベント、デザインフェスタへ “乱入”することをブログで宣言! 11月8日、SPA!は会場の東京ビッグサイトへと駆けつけた。

 イベント会場は、展示品のブースがひしめき熱気を放つ。そんな一角には、なんとご当地ヒーローのブースがあり、そこにはジオブレードが!? 彼の「ヒーロー」に賭ける思いを聞いた。

「もともと特撮ヒーローが好きで、’00年からやり始めて、今は仲間と3人でやってます。ほかのご当地ヒーローは役所や商工会など、町ぐるみで地域の活性化のためにやってる方が多いけど、僕は純粋に子供たちの喜ぶ顔が見たくてやってる。月に3回ほど、児童館などに“出動”してますよ」

 ということは、行政などからの援助はナシ?

「そうですね。衣装もウレタンやブルーシートを材料に自分で作りました。制作費は1万円ほどです。ただ、8年間も使い続けてるので、傷みもするしメンテナンスが結構大変。完全にボランティアなのでノーギャラだし、お金は出て行く一方。でも、子供たちが喜んでくれるのなら、それでいいかな(笑)」

 子供好きのヒーローには、まだ子供がいないようだが、

「まだ独身なんです。早く子供はほしいけど、その前の段階がありますし……(苦笑)。結婚しても続けたいので、お付き合いしてる女性には理解してほしいですね」

 続いては、11月16日に埼玉県戸田市のまきば幼稚園でショーを行う埼京戦隊ドテレンジャー活躍を確かめに赴いた。

「もともと、保育園の父兄のオヤジが飲みの席で、運動会で子供たちをびっくりさせてやろう!ってことで’04年に始まったんです。僕らオヤジがやるヒーローだし、動きもドテドテするだろうってことで、この名前なんです(笑)」

 スタッフの1人は誕生秘話をこう教えてくれたが、当日は小雨模様……。だが、大勢の園児がドテレンジャーの“出動”を待ちわびていた。

 ショーが始まり、敵の攻撃に苦戦するドテレンジャー。「ガンバレー!!」。園児の声援が飛び交う。

「仲良し友達同士がケンカしたりすると悪者が現れるという設定です。だから、ドテレンジャーは暴力で敵をやっつけるのでなく、友達を仲直りさせるヒーロー。仲直りすると、敵は滅ぶんですよ」

 ドテレンジャーの勝利に園児は大喜び! 最後はみんなで「ドテレン体操」を踊り大団円。ショーの終了後の握手と記念撮影には、長蛇の列が並んだ。

「みんな仕事を持ってるし、メンバーが5人もいるのでのスケジュール調整にも苦労するし、今、思えばゴレンジャーをモチーフにしたのはちょっと失敗だったかな(苦笑)。でも、ここまで続くとやめられないものですね」

 取材後、食事に立ち寄った店で聞いてみた。「ドテレンジャーって知ってますか?」

「ええ。戸田じゃ超有名ですよ」

 彼らの活躍は、地元ではかなり浸透しているようだった。

― 地元のアイドル[ご当地ヒーロー]奮戦記【9】 ―




おすすめ記事